ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS タングステン酸ソーダはガンも治す万能薬

<<   作成日時 : 2016/01/12 06:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 4

http://www.h-sakai2.sakura.ne.jp/newpage11.htm
『日本健康同盟 タングステン酸ソーダ健康法
「胃潰瘍が治るタングステン酸ソーダ」著者=加瀬薫
不老長寿の秘水!!
胃潰瘍をはじめ、胃がん・糖尿病・白内障・アルコール中毒・歯槽膿漏・皮膚病・水虫等に驚くべき効果を発揮。
副作用皆無、安く、だれでも服用できる。
著者50余年の体験から推奨するタングステン酸ソーダ健康法!!」

タングステンといえば、電球のフィラメントやボールペンのボール部分に使われる材料として良く知られている。
化学的には、重金属中、最も重くて硬い物質である。
その性質から、最近まで戦車や大砲の材料としても欠くことができないものだった。
こんな“物騒”なものがなぜ飲めるのか。
多くの人は疑問に思われることだろう。
実際、がんや白内障が治る、などと聞いて信じる人は先ずいない。
十人が十人ともけげんな顔をする。
私はこれまで何百回、何千回となくこの顔に出会ってきた。
しかし、タングステン酸ソーダが病気を回復させる力を持っているのは確かなことである。

○「毒消し薬」タングステン酸ソーダ
「不思議だ。
大量の(冷却用の)水銀の気が部屋中に飛び回っている作業場で働いているというのに、誰も水銀中毒に罹っていない。
なぜだろう、・・・・ことによると、タングステンは水銀中毒の解毒剤かもしれんなぁ」
この言葉が、著者に「タングステンが人の健康に関わっているのではないか」という見方をするきっかけとなった。
実際、その後の父の言葉を裏付けるような事件や話を関係者から幾度となく聞くことになったのである。

―タングステンは金属の中で最も毒性が低く、ナトリウムとの化合物・タングステン酸ソーダは食塩の一種のような物質と思って頂きたい。
*タングステンそのものは、ダイヤモンドに次ぐ硬さ、金と同じ重さを持っており、比重19・3で、ウラニウムの18・6をしのぐ。

○タングステン酸ソーダの薬効
□乳癌□白内障□胃癌□水虫
□肺がん・直腸癌・喉頭癌・子宮癌
□胃腸病・火傷』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3
『タングステン 用途
金属のうちでは最も融点が高く、金属としては比較的大きな電気抵抗を持つので、電球のフィラメントとして利用されるがLEDの普及によりこの分野の使用量は減少してきている。
・電子顕微鏡や電子線描画装置の電子線(電子ビーム)発生源として』

驚愕の事実をお伝えします。
タングステン酸ソーダが、ガンや糖尿病や白内障などの病気を治します。
ほとんどの人が理解できないと思います。
タングステンのような重金属が、病気を治す筈が無い!
北朝鮮の小型水爆が、タングステン水爆などと言われています。
タングステンは危険な物!という印象を持っている筈です。
塩化セシウムがガンを治す!という事実を理解できないのと同じです。
しかし私は理解できるようになりました。
タングステンは、ガンや様々な難病を治す万能薬でした。
タングステンは、金属の中で最も毒性が低いようです。
タングステンは、猛毒の水銀の解毒剤でもあります。
放射能対策にも効果があります。
タングステンには驚異的な還元力がありました。

タングステン酸ソーダやタングステン酸ナトリウムが万病に効く!というのは、タングステン関係者の間では知られていました。
しかし世間一般には理解できませんし、なぜタングステンが病気を治すのかは解っていませんでした。
だからまったく知られていない事実なのです。
加瀬薫氏がタングステンに関する本を出版したくらいです。
タングステンが万病に効く!などと、医学界が認める筈も無いですし。
タングステンがなぜ現代病を治すのか?
私なりに調べたり考えたりした結果、やはり“電子”が関わっていました。
タングステンは“電子ビーム”の発生源でした。
電子銃用のフィラメントでもあります。
タングステンという金属は、大量の電子を放出する特徴があり、酸化した人体をスムーズに還元させてくれるのです。
これは本当に強力な武器になります。
電子がガンや難病を治す!という事実をダメ押しする情報です。
もちろんタングステンだけですべてが解決するわけでは無く、食事療法などとの組合せをオススメしますが。
しばらくタングステンに関する記事を書きます。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
タングステンの記事まだあるのですね、楽しみにしています。他では見ないような記事がいっぱいで宝探しのようになっていますね。応援しています。
今年もよろしくお願いいたします。
シフォンJ
2016/01/13 21:03
シフォンJさん、おはようございます。
タングステンの還元力は凄そうです。
まあタングステン酸ソーダがガンや慢性病を治す!と言われても、ほとんどの人は理解できないでしょうけど・・・。
結局、病気を治すのは“還元力”です。
いかにスムーズに電子を与えてくれるか!が基本です。

水素やプラズマやAWGや陶板浴やビタミンB群やジクロロ酢酸やコエンザイムQ10やクエン酸や重曹や塩化セシウムやMMSや光線療法や三井温熱やテラヘルツ波やタングステンに共通しているのは、“電子”です。
酸化した身体(細胞・血液)を還元しているのです。
“還元力”という共通点を見つけることで、何が正しくて何が間違っているのか分かるようになりました。
タングステンは“飛び道具”ではありますが、タングステンを知り尽くした専門家たちが飲んでいるので大丈夫そうですね(笑)。
鈴森
2016/01/14 07:38
タングステンを探していますが、見付かりません
どこに売ってますか?
たろう
2017/04/26 11:53
たろうさん、おはようございます。
タングステン酸ナトリウム(ソーダ)の購入法をネットで調べてみました。
新潟の薬局「アットマーク」で購入された方がおりました。
現在も購入できるかどうかはわかりません。
船井幸雄氏の本にも書かれていたそうです。
鈴森
2017/04/27 06:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
タングステン酸ソーダはガンも治す万能薬 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる