ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ミトコンドリア異常(低酸素・血液のpH7.3以下)で人は病気になり死ぬ

<<   作成日時 : 2016/09/05 06:59   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

http://www.dobin.jp/respi_care/ABG.pdf#search=
『呼吸器入門・検査値の見方
次に、PHについて少しお話します。
動脈血が酸性に傾くというのはPHが7.35よりも下がってきます。
7.30以下になると注意がいります。
7.10以下では生命の危険があります。
このようにPHが7.35以下になった状態をアシドーシスといいます。

PH 7.2怖い
PH 7.1危険
PH 7.0瀕死
PH 6.9+  』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1022428135
『哺乳類の血液のPhが、7.4に保たれているメカニズムを教えてください。
pH変動による症状
滅多にない事だが、ヒトの場合、血液pHが7.0以下になると昏睡に陥り、7.7以上になると痙攣を起こし、いずれも心臓が停止してしまう。』

http://mh.rgr.jp/memo/mv0124.htm
『酸素濃度と人体への影響
低濃度、高濃度の酸素は人体に障害を与えます。
作業場所における酸素濃度は18%以上に保たねばなりません。
人体にとって許容される酸素濃度の下限は18%。
6%以下では数回の呼吸で意識を失います。

18% 頭痛など
12% めまい、吐き気、筋力低下
10%顔面蒼白、意識不明、嘔吐 気管閉塞で窒息死
 8% 失神昏倒           7〜8分以内に死亡
 6% 瞬時に昏倒、呼吸停止   6分で死亡』

http://meddic.jp/%E4%B9%B3%E9%85%B8%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9
『乳酸アシドーシス―meddic
・typeB(有酸素性代謝の障害)
悪性腫瘍(ガン)、糖尿病、腎不全、肝不全(糖新生異常)、チアミン(ビタミンB1)欠乏、重症感染症、てんかん発作、薬物・毒物、ミトコンドリア糖尿病』

今回は生命活動の本質(ミトコンドリア)について書きます。
人間は酸素が無いと死にます。
酸素が無いと、ミトコンドリアがATPを作れなくなるからです。
そして酸素濃度が低いと病気になります。
酸素濃度が18%以下になると危険であり、10%以下では死んでしまいます。
人間はミトコンドリアが不調になると病気になり、ミトコンドリア機能停止で死ぬのです。
人間はミトコンドリアが順調にATPを作り続けてくれないと、体調を崩して死ぬ定めです。
酸素が薄いと病気になり、酸素が無いと死ぬ!という事実は誰でも理解できます。

酸素濃度と同じくらいに重要なのが、血液のpH値です。
人間の血液のpHは、7.35〜7.45という7.4前後が正常だと言われています。
糖質制限の第一人者である江部医師のブログを見ると、pH7.45がベストだと思います。
pH7.3以下では病気になり、7.1以下は生命の危険があります。
pH7.5以上でも危険ですが、現代人はやはりpH7.3以下で病気になっているようです。
pH7.3以下では、ミトコンドリアが順調にATPを作れなくなるようです。
ATPが不足すると、人間は脳も心臓も各臓器も筋肉も神経も麻痺してきます。
ATPというエネルギーが不足すれば、すべてに不具合が生じるのです。
酸素濃度が低かったり、血液のpHが7.3以下になると、頭痛やめまいや吐き気や筋肉に力が入らない、ダルいといった症状が出てきます。
ギランバレー症候群の様な症状が出てくるのです。

血液のpHが7.3以下になる最大の原因は、大量の乳酸が血管に流れ込むからです。
乳酸はpH5程度の酸性物質なので、慢性的に溜まってくると7.4という正常値を、7.3以下に下げてしまいます。
ブドウ糖をエネルギーに変えられなくて、乳酸に変えてしまっている人は、乳酸アシドーシスという体質になっているのです。
ガンも糖尿病も腎不全も肝不全も脚気も重症感染症もてんかんも薬害も、すべてタイプBの乳酸アシドーシスです。
乳酸アシドーシスになるからガンや糖尿病になり、ガンや糖尿病になるから乳酸アシドーシスになります。
医学界の都合で様々な病名が付けられていますが、基本的には「ミトコンドリア病による乳酸アシドーシス」なのです。
乳酸アシドーシスを改善すると様々な病気が治るのは、基本的には同じだからです。
メトホルミンやベンフォチアミンやジクロロ酢酸や水素やテラヘルツ波が万能薬として重宝されるのは、現代病の基本が同じであり、ダブついた乳酸の代謝や還元が重要なのです。

酸素濃度が21%は正常で、18%以下で病気になり、10%以下で死ぬ。
血液のpHは7.4前後が正常で、7.3以下で病気になり、7.0以下で死にます。
ミトコンドリアがATPを作るためには、絶対的に酸素と電子が必要になります。
酸素と電子が不足すれば、ミトコンドリアは満足にATPが作れなくなり、人は病気になり、最悪の場合は死んでしまうのです。
ミトコンドリアは酸素と水素(電子)を利用する燃料電池なのです。

白米や白砂糖などを大量に摂取するようになってから、日本に病気が蔓延するようになりました。
ビタミンやミネラルを削ぎ落とした白米や白砂糖は、その多くが乳酸に変わり、血液を慢性的にpH7.3以下に下げてしまう可能性が高いのです。
日本に住む現代人は、慢性的な乳酸アシドーシスになっている人が多いのです。
軽度な人もいれば、重度な人もいて、重度な人はガンや糖尿病になっています。
他の食品やサプリなどでビタミンやミネラルやクエン酸などを摂取している人はまだマシですが、炭水化物や砂糖菓子や糖質飲料ばかり飲食している人は悲惨です。

血液のpH値は、酸素濃度と同じくらいに重要です。
pH値は絶対に7.4前後に保たなくてはなりません。
pHが7.3以下になるのは生命の危機なので、pHが下がりそうになると人間の身体は骨からカルシウムを溶かして、何とか7.4を保とうとします。
それが慢性的に続くと骨が弱くなって骨粗鬆症になり、血管はカルシウムで硬くなって動脈硬化の原因にもなります。
人間の身体は骨や血管を犠牲にしても、まずは血液のpH値を7.4前後に保とうとするのです。
それくらいミトコンドリアがATPを作り続ける事が重要であり、血液のpH値を正常に保つことが重要なのです。
溜まりすぎた乳酸を中和するために尿酸を出動させることもありますが、これも度が過ぎれば尿酸が結晶化して痛風になってしまいます。
骨粗鬆症も動脈硬化も痛風も、乳酸アシドーシスを防ぐための人体の苦肉の策なのです。
無知な現代人がどんどん乳酸を溜め込んで血液を酸性化させてしまうので、人間の身体は必死にカルシウムや尿酸で応戦しているのです。
しかしそれも限界があります。
結果的に違う病気を誘発してしまうのですから・・・。

今回書いている記事は、多くの人に知ってもらいたい事実です。
血液のpHが慢性的に7.3以下になるのは生命の危機であり、現代病の主原因です。
現代人のアシドーシスの元凶は、糖⇔乳酸です。
医学界や医療業界は、医療を商売としています。
病人が大勢いればいるほど儲かる商売です。
医学界や医療業界にも良識のある善人はいます。
しかし善人ばかりでは無いのです。
むしろ医学界の中心には、とてつもない極悪人が巣食っています。
大勢の他人を犠牲にすることで、莫大な利益を上げ続けているのです。
現代病の主原因が過剰な糖⇔乳酸の蓄積による乳酸アシドーシスである事実は隠蔽され、まったく無駄で有害な治療法が主流になっています。
私も血液のpH値が7.3以下になるとミトコンドリア機能不全になって様々な病気になることは、徹底的に調べ上げるまで知りませんでした。
ほとんどすべての人が知らない筈です。

私はガンについて徹底的に調べました。
ベンフォチアミンやジクロロ酢酸や重曹の点滴(メイロン点滴)やクエン酸や糖質制限が、なぜガンを治すのか?
結局は乳酸アシドーシスを治すから、ガンが治っていました。
水素やテラヘルツ波や温熱療法や酸素カプセルも同じでした。
タングステンやMMSやAWGやセシウム療法やヘリカル炭素も同じでした。
pH7.3以下になった血液を、正常値である7.4に戻していたのです。
たったこれだけの事で病気は予防できるし、改善できるのです。
でもこれでは製薬会社や医者は儲かりません。
結局は現代医療は、大勢の人をダマし続ける事で莫大な利益を上げ続けるのです。
現代医療に関係する人たちのエゴや強欲を治さない限り、問題は解決しないでしょう。
医学界の人たちを反省させ、改心させなければ、日本は健康な国になりません。
でもそれが最も難しい事なのです。









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素人ですが 大変勉強になります。ありがとうございます。 私自信病院や薬に対して かなりの不信感があり ここ10年歯科以外病院にかかっていません。ガン治療も予防接種 透析や禁煙外来 花粉症対策 製薬会社や医者は 笑が止まらないでしょうね。
みい
2017/01/17 22:20
みいさん、おはようございます。
もうマトモな人間なら、病院や医者や薬に不信感を持ちますよね。
いつまでたっても様々な病気が治せないからです。
覚醒した医師も徐々に増えてきましたが、まだまだかなりの少数です。

医学界こそがガンや慢性病の克服を邪魔していたのです。
医学界こそがガン患者を積極的に殺している真犯人でした。
ガンを恐怖の難病・死病!と信じ込ませるために・・・。
ワクチンも健康診断も透析も、すべては金儲けの為の詐欺医療だったのです。
病気は怖い!と洗脳し、人々が医学界にすがって来るように、人々を言いなりにするために仕組まれていたのです。
ガン宣告を増やし、ガン患者を三大療法で殺し、ガンの恐怖を増大させて、ガン検診を受けさせ、ガン患者を増やして殺す!
こんなどうしようもない極悪なビジネスを何十年も繰り返していたのです。
まさに“人類の恥”です。

末端の医者は何もわかっていないから、余計に怖いのです。
ガン治療を行っている!と信じ込みながら、ガン患者を殺しまくっているのだから・・・。
薄々は気付いていますが、自分にウソをついてでも医学界のウソを信じ込もうとしています。
とにかく真実を広めて、犠牲者をなるべく少なくして、将来に希望の持てる日本に変わってもらいたいものです。
鈴森
2017/01/18 07:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミトコンドリア異常(低酸素・血液のpH7.3以下)で人は病気になり死ぬ ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる