ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 酸素ルームで血中乳酸値が76%軽減!酸素がガンを治す

<<   作成日時 : 2017/01/24 07:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

http://air-tsukuba.com/354
『酸素カプセルの効果 疲労回復・怪我の早期回復
1.身体も心もすっきり!疲労回復効果
疲労は筋肉に乳酸という疲労物質が蓄積されて感じるようになっています。
酸素カプセルに入ると血中乳酸値が76%軽減されるそうです!
カプセル内で取り込んだ溶解型酸素が、乳酸などの疲労物質を分解し体外へ除去してくれる働きを持っているのです。
また酸素カプセルでは中で1時間の睡眠をとるだけで5時間分の質のいい睡眠がとれます。

2.酸素カプセルと怪我の関係
酸素カプセルに入るとケガが早く治ると聞いたことがありませんか?
これは、カプセルから生み出される溶解型酸素が患部の新陳代謝を高めることができるからなんです。』

http://てもみ.net/
『かんたんフィットネス スタディオス 酸素ルーム
ルーム型酸素カプセル
なぜ高気圧酸素ルームがいいのか?
実は古代の地球は今より酸素濃度が高かったという説があります。
3億年前の石炭紀の酸素濃度は35%もあり、いろいろな昆虫が巨大化していた。
わずか100年前でさえ24%あったと言われている。
今は環境破壊が進み・・・・・20.9%
現代の人類は絶えず軽い酸欠状態か?

高気圧酸素ルームは溶解型酸素量が増加する。
・酸素は乳酸などの疲労物質を分解、除去』

http://macrobiotic-daisuki.jp/gan-sansohusoku-genin-25791.html
『がんは「酸素」が嫌いだった!
酸素不足もがんを引き起こす一因に。
酸素を取り入れてがんになりにくい体になろう

がんが嫌う酸素を取り入れる必要性。
酸素不足はがんを寄せ付けてしまう。

がん細胞の嫌いなもの
□酸素
□高体温(平熱体温37℃)
□アルカリ性の環境(血液のpH)

ミトコンドリアを増やすには酸素が必要だった!
しっかりと肺に酸素が行き渡り、血液を巡ってミトコンドリアでエネルギーをたくさん作れれば、体の機能でがん細胞ができそうになるのを止めたり、できても増殖を抑えることができるのです。』

ビタミンB群(特にB1)が不足するとミトコンドリア機能不全になり、乳酸が溜まってガンになります。
だからビタミンB群がガンを治す事があるのです。
マグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラルが不足するとミトコンドリア機能不全になり、乳酸が溜まってガンになります。
だからミネラルでガンが治る可能性があるのです。
酸素が不足してもミトコンドリア機能不全になり、乳酸が溜まってガンになります。
だから溶解型酸素を身体の隅々まで行き渡らせるとガンが治ります。
必要な栄養素が不足するとガンになるのだから、不足している大切な栄養素を補充すればガンは治ります。
酸素は史上最強のミトコンドリア賦活剤であり、糖⇔乳酸をエネルギーに変えるのに絶対に必要な物質です。
溶解型酸素こそが、ガン・慢性病・ケガを治す絶対的な切り札なのです。

酸素ルーム・酸素カプセルに入るだけで、血中乳酸値が76%も軽減される。
進盟ルームでも同じような効果があると思います。
私はずっとミトコンドリアの賦活・乳酸アシドーシスの改善の方法を模索してきました。
昔は電子こそが最強だと思っていました。
しかし電子以上に必要な物質が“酸素”だったのです。
そして現代人は想像以上に酸素不足でした。
特に溶解型酸素は毛細血管の隅々まで酸素を行き渡らせることができるので効果的です。
酸素ルームに入るだけで乳酸アシドーシスの改善ができるのだから、理想的です。

古代の地球で酸素濃度が35%のころは、恐竜も昆虫も巨大化していました。
大量の酸素は大量のエネルギーを産み出すので、巨大に成長できたのです。
もし現代社会にゴジラが出現しても、人類がゴジラを倒すまでもなく、低酸素で死んでしまうでしょう。
今の地球の環境では、ゴジラは巨体を維持するエネルギーが作れないのです。
ゴジラは東京に来ただけですぐに病気になり、すぐに死ぬのです。
明治・大正時代には24%だった酸素濃度が、今は20.9%!
3%以上下がっています。
これからも下がり続け、上がる可能性は低いでしょう。
百年後に18%まで下がれば、もう人類は生存できないかもしれません。
酸素濃度は徐々に下がるので、人類は“ゆでガエル”の状態で気付かないうちに弱っていきます。
人類は他の哺乳類も道連れに、衰退の道を歩んでいるのかもしれません。
ミニ氷河期・放射能汚染・酸素濃度低下の三重苦は、これからの日本を大いに苦しめる可能性があります。

酸素がガンや慢性病を治す!
酸素がケガを早く治す!
酸素が睡眠の質を向上させる!
酸素には心身共にリラックス効果が!
活性酸素はあまり気にしなくていいでしょう。
酸素を充分に摂り入れる方法は、色々とあります。
私は最近は呼吸も意識するようになりました。
酸素を吸って二酸化炭素を吐き出す事を意識する様になりました。
これから本格的に勉強していきたいと思います。
ヨガや格闘技で呼吸を意識するのは、酸素がエネルギーを増大させることを経験で学んでいたからです。
そして二酸化炭素の排出がとても重要なのだと思います。

私たちがミトコンドリアで酸素を利用してATPを作っている限り、酸素は必要不可欠です。
生きるのに最も重要で欠かせないのが酸素です。
酸素はタダでいくらでも手に入ると思っていましたが、いつの間にかそうでもないのです。
良質な酸素・高濃度な酸素・身体にとって吸収しやすい溶解型酸素は、お金を払ってでも摂り入れたくなりました。
私は快適な生活をしたくて、色々な事を学んでいます。
私の同年代の人たちは、病気自慢やケガ自慢の人が多いのですが、私は痛いとか苦しいとかを他人に自慢する趣味がありません。
本人たちは我慢強さを自慢したいのでしょうけど・・・。
私の考えとしては、病気の根本原因を突き止めて、自分で予防や治療が出来るようになりたいのです。
自分を救えるのは自分だけ!なのですから。

今まで無意識に呼吸していましたが、これからは“酸素”を強く意識します。
酸素カプセルは棺桶の様な感じでした。
酸素ルームはエアコンもついて、テレビもスマホも出来るので快適でした。
カプセルホテルよりも広いくらいでしたし・・・。
でもまだまだ高いです。
自分の理想としては、酸素ルームの中にUP1の陶板浴を置く事です。
溶解型酸素とテラヘルツ波のコラボが理想的な環境です。
正しい食事と良質な睡眠も大切です。

不足している物を補って、不要で有害な物を吐き出す。
これが健康の秘訣だと思います。
糖⇔乳酸の様に、エネルギーにも毒にもなる物質もあります。
腸内で乳酸菌が乳酸とビタミンを作るのは、何も問題がありません。
細胞内で解糖系が乳酸を作り、それがそのまま細胞や血液を酸性に傾けるのが問題です。
糖⇔乳酸をエネルギーに変えるには、ビタミンやミネラルやクエン酸が必要です。
そしてそれ以上に酸素が重要です。
“生きる”ということは、ミトコンドリアがATPを作り続ける事です。
大量の酸素が大量のATPに変わります。
酸素が不足するから病気になり、酸素が不足するから死ぬのです。
酸素+電子=ATPという方程式を理解して、病気の予防や治療に生かしましょう。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
千島博士にはお会したことがありませんが、ご遺族とは長年交流をしていました。
癌に関する情報交換、場合によって相互協力を希望します。
ミウラ
2017/01/26 11:11
ミウラさん、おはようございます。
千島喜久男博士は本当に偉大な方だと思います。
医学界は幼稚なウソで塗り固められた世界です。
医学界の中に居る人たちは、そんな稚拙なウソに気付かなかったり、気付かないフリをしています。
千島博士の様に、医学界の外から真実を伝えようと努力される人が増えてくるといいですね。

ガン細胞は無限に細胞分裂して増殖し続ける!
こんなウソも千島博士は看破されました。
すべてのガン細胞は、元々は正常な細胞でした。
正常な細胞がミトコンドリア機能不全の環境でガン化します。
それは酸素不足だったり、酸性環境だったりです。
ガン細胞は弱い細胞、病んだ細胞です。
ただガン細胞は過剰な乳酸を大量に分泌して周囲がpH5の酸性環境になるので、周囲の正常な細胞をガン化させてしまいます。
病んだ細胞が急に細胞分裂して増殖する!という発想は子供じみています。
病んだ細胞が周囲の細胞を病ませている!のが実情です。
腐ったミカンが周囲のミカンを腐らせている!のと同じです。
医学界はガンの恐怖を増大させ、ガンの本質を隠蔽するために、ガン細胞の無限分裂説を吹聴しているのです。

このブログはガンの本質を追求しています。
そして実はガンは特別な病気ではなく、他の慢性病と同質であることも伝えています。
現代病の本質は、ミトコンドリア病による乳酸アシドーシスです。
医学界は活性酸素やケトン体を悪者にして、過剰な乳酸の蓄積(乳酸アシドーシス)という真犯人を隠蔽しています。
酸化還元や断糖や糖代謝に役立つ栄養素の摂取という乳酸対策で、ガンや慢性病は治ります。
この事実を惜しみなく発信していますので、このブログの情報は自由にお使いください。
薬機法(薬事法)の問題もあるので、恐る恐るやっていますが(笑)。
鈴森
2017/01/27 06:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
酸素ルームで血中乳酸値が76%軽減!酸素がガンを治す ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる