ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ミトコンドリア機能低下+糖質摂取→乳酸アシドーシス仮説

<<   作成日時 : 2017/02/04 06:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 2

http://iberia.music.coocan.jp/column_medicalbook.htm
『最良の医学書と糖質制限・ケトン食
4.癌
ガンの原因として、比較的知られている仮説として以下の3つがあります。
1.異常遺伝子仮説
2.ガン幹細胞(、がんもどき)仮説
3.ミトコンドリア機能低下+糖質摂取→乳酸アシドーシス仮説

上記の1と2については、「ガンの80%は予防できる」で矛盾が指摘されています。
遺伝子の変化は収拾がつかないくらい多様であること、ガン幹細胞はごく一部のガン細胞にしか見つかっていないこと、がその理由です。

一方で、3のミトコンドリア機能低下説は矛盾が指摘されていないばかりか、ガンの増殖から現在の臨床結果まで論理的に繋がるため、有力な仮説と考えます。

ガン細胞に共通な点は、ミトコンドリアが機能していない点です。
そのため、嫌気的(酸素を利用しない)です。
その細胞に糖質(ブドウ糖)が取り込まれると、ミトコンドリアが機能しないため、乳酸が大量に発生します。
乳酸はPh5の酸性であるため、さらに周りのミトコンドリアの機能を弱体化させます。
ミトコンドリアはアルカリ性で機能するためです。
さらに、乳酸はポリ乳酸という状態になり固化します。

【参考】これは死後硬直に似ています。死体は、酸素が供給されなくなり、ミトコンドリアが停止し、乳酸発生からポリ乳酸形成で死後硬直が発生します。

次の点に的を絞ってガン細胞を減らすことを考えるのが自然です。
1.乳酸を発生させない←糖質制限・ケトン食
2.ミトコンドリア不全細胞を狙い撃ちで殺す←高濃度ビタミンC点滴
3.ミトコンドリアを活性化しガン細胞のアポトーシスを促す←ジクロロ酢酸ナトリウム、鉄などのミネラル補給、酸素

この仮説の場合、ガンの原因はミトコンドリア機能不全。
では、ミトコンドリアが機能不全になる理由は、何なのでしょうか。
1つは糖質摂取です。
糖質の過剰摂取により、乳酸発生量が過剰になると、あたりが酸性になり、ミトコンドリアが機能しにくくなるという考えです。
このことから、私は糖質を摂取しないことががん予防につながると考えます。
あとは、好気的であるミトコンドリアには酸素の補給も効くかもしれません。

今後、ミトコンドリア機能不全+糖質制限、乳酸アシドーシスがガンの原因である、という本が出版されましたら、ご紹介したいと思います。
もちろん、それより優れた仮説が現れたらそれをご紹介します。』

世の中は徐々に変わりつつあります。
遺伝子異常仮説やガン幹細胞仮説と並んで、後天性ミトコンドリア病→乳酸アシドーシス仮説がクローズアップされるとは。
ガン患者を治療と称して殺し続ける事で繁栄してきた医学界。
そのために異常遺伝子仮説やガン幹細胞仮説などの的外れなデタラメを吹聴してきました。
もちろんウソのガン情報には、大きな矛盾が生まれます。
ガンの正体を隠蔽してガンを不治の病にすることが医学界の目的ですから、製薬会社も医者も、大きな矛盾は無いという前提で“人殺しガン医療”に邁進してきました。
しかしウソやデタラメは必ずバレるものです。
ようやくガンのカラクリ、ガンビジネスの儲けのカラクリに気付く賢い人が増えてきました。

真実は最強のカードです。
真実の前では、どんな巧みなウソも色褪せます。
遺伝子異常でガンになる!ガン細胞は細胞分裂して無限に増殖する!
今となって見れば、子供じみたウソは滑稽なほど幼稚に感じます。
人類は権威側の発する情報を鵜呑みにする傾向がありますが、真実を知ってしまえば、もう2度と稚拙なウソに騙されなくなります。
だからこそ医学界は必死に“ガンの真実”を隠蔽し、“ガンの真実”を発表しようとする崇高な研究者を迫害・抹殺してきたのです。
STAP細胞がガン細胞の秘密を解き明かす!となれば、政財界・医学界・科学界・マスコミの総力を結集して、STAP細胞を研究者もろとも社会的に抹殺したのです。
細胞に酸化ストレスを与えると、初期化やガン化することを隠蔽したかったのです。
小保方さんの言っていた「大きな力」は、いつの時代も真実を捻じ曲げてきたのです。
しかしネットの出現により、そんな“子供だましの科学・医学”の時代が終わりを告げる可能性が出てきました。

ガンはミトコンドリア機能不全・後天性ミトコンドリア病であり、乳酸アシドーシスである。
ガンについてこんなキーワードが普通に出るようになれば、未来は明るい。
今までは全く想像もできないキーワードでしたから・・・。
ガンの本質もわからずにガン治療をする!いうバカげた行為はもうやめてほしい。
殺人兵器であるマスタードガスに抗がん剤という名前を付けて、ガン患者を殺しまくるのは本当にキチガイ沙汰です。
ミトコンドリア、糖⇔乳酸、アシドーシス、酸素、電子などのキーワードをしっかりと理解して、身体に優しい快適なガン治療を推進してもらいたいです。

このサイトを運営している人は、乳酸が重合して固化してポリ乳酸になることまで書かれています。
ジクロロ酢酸も書かれていますので、あとはビタミンB1やビタミンB群についても書いてほしいです。
そして栄養素不足だけでなく、水銀やヒ素やフッ素などの有害物質・重金属の蓄積も、ガン化の原因であることも。
溶解型酸素についても書いていただければ・・・。
まあここまで書いていただいて、贅沢な要求になりますね。
こんな情報がネット上を飛び交うとは、5年前には考えられなかった事です。
ようやく“ガンの真実”がネット上では普通に語られる時代になりました。
2017年は、面白い年になりそうです。

日本の医学界によって、日本は病気と貧困が蔓延させられています。
医学界に、健康も財産も家族も生命も奪われています。
日本は医学界に蹂躙されているのです。
このままデタラメな詐欺医療を野放しにしていれば、日本は必ず破綻します。
ここで方向転換をしないと、もう間に合いません。
このままでは子供たちの未来は地獄です。
加害者である製薬会社や医者も、被害者や被害者予備軍である一般人も、発想を転換して真実に覚醒する時です。
今までは極悪な一握りの支配層に踊らされてきましたが、これからは地に足をつけて、冷静に真実を追求すべきです。
政治や経済を良くすることは難しいです。
正解がありませんから・・・。
しかし医学・医療だけは正解があります。
医学・医療を良くすることが、最も簡単に日本を良くすることに繋がると思っています。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ビタミンケトン療法はそれなりにお金がかかりますし、
近所によい病院も見つからないかもしれません。
下記は食事とサプリだけで白血病を治した三石先生のお話。
この本が数十年前に書かれたと言うことは驚きです。
この方法ならお金もあまりかかりませんし、
自宅でもできます。

藤川徳美医師のFacebookより

2歳半の小児急性リンパ性白血病に対する分子栄養学
三石巌:全業績ー5、分子栄養学の理論と実際、より
2歳半の小児急性リンパ性白血病に対する三石先生の指示量、
プロテイン20g
ビタミンC 10g
ビタミンE 200IU(d-αートコフェロール)
ビタミンA 500IU
その他、B群、K、Ca
6ヶ月間の標準治療では改善しなかった。
上記の栄養療法で1ヶ月で完全寛解、だそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2歳半だと体重12~13kg。
成人の1/4〜1/5の体重。
小児薬用量(表)によると、1歳児で成人の1/4、3歳児で1/3。
4倍して成人量に換算すると、
プロテイン80g
ビタミンC 40g
ビタミンE 800IU(d-αートコフェロール)
ビタミンA 2000IU


プロテイン、C、Eは相当な量ですね。
プロテインは体重*1.6くらい、食事も含めると体重*2.0
プロテインは、3時間毎に20g。
Cは錠剤では追いつかないので、アスコルビン酸粉末10gを2時間毎服用。
Eをこの量摂取できていれば、「ビタミンCの突出」にはならない。
Eを追加する意味は、1)生体膜透過性を高めて細胞に栄養、酸素を行き渡らせる、2)酸化したCを還元する、と言うことだろう。
成人の白血病、ガンもこの方法で治療すれば良いと思う。
小西伸也
2017/02/04 10:29
小西代表、いつも貴重な情報をありがとうございます。
超高濃度ビタミンC点滴は、なんであんなに高額なんでしょうね?
もっと安価にできると思うのですが・・・。
まあ抗がん剤の様にバカ高くて患者を殺す毒薬に比べれば、ビタミンはまだ安価で効果的ですからまだマシですが・・。

メガビタミン・メガプロテインなら、点滴しなくても病気が治るのですね。
酸化したビタミンCを還元するなら、陶板浴や電子治療器や水素でも良さそうです。

オットー・ウォーバーグや三石先生は、何十年も前からガンの原因や治し方を知っていました。
ガンは酸素不足や必要な栄養素の不足や有害物質の蓄積によって、ミトコンドリアがATPを作れなくなる病気です。
ミトコンドリアがATPを作る環境を整えてやれば治る病気です。
たったこれだけの事なのに・・・。
ガンはこの程度の病気なのに・・・。
それを恐怖の難病・死病に変えてしまう鬼畜たち!
ガンが断糖や酸素やビタミンやミネラルやクエン酸や重曹点滴で治っても、絶対にそれを認めたくない悪魔たち。
「患者の命よりも俺達の儲けの方が大事だろう!」と本気で考えるクズ医者たち。
ガンの正体が暴かれても、意地でも聞く耳を持たないバカ医者が多すぎます。
何の罪もない人たちを何百人も殺しても、全く反省も後悔も懺悔もしない医者が多すぎる!
とにかく罪滅ぼしとして、これからは多くのガン患者を救ってもらいたいです。
そして日本を病気の少ない国に変えてほしい。
たとえ多くの医者が失業しても・・・。
鈴森
2017/02/05 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミトコンドリア機能低下+糖質摂取→乳酸アシドーシス仮説 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる