ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ワクチン(水銀)とフッ素による大衆管理・愚民化政策

<<   作成日時 : 2017/02/20 06:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 0

http://mlulm.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
『「ワクチンとフッ素による大衆管理」
我々の社会は様々な毒物によって形成されています。
いずれも脳機能に影響を与えるものです。
今の我々の社会は、IQの低い人々が増え続け、その一方で、IQの高い人々はますます少なくなっています。
これは愚民化政策の結果です。
科学的な愚民化政策が行われているのです。

ほとんどの人々が凡人となって、政府に依存するようになります。
なぜなら、自分に自信がないからです。
IQの低い人々は完全に権威に依存します。
そして実に多くの人々が、どんな命令にも従います。
それは明確な思考ができないからです。

そして、ごく少数のIQの高い人々は、優れた認識能力を持つため、世界のカラクリを見抜きます。

アメリカにおける化学的愚民化政策

●水銀を用いて子供の脳を破壊せよ!
人々はもっと知った方がいい、インフルエンザワクチンには水銀が入っている。
水銀は私たちが知っているなかでも最も強力な毒物です。
これはカルガリー大学の実験映像ですが、水銀がたちまちニューロン(神経細胞)を破壊している様子がみえます。
これは医学界における狂気だ。
これまでに何千人もの子供の脳を破壊してきた。

99%の人がワクチンに水銀が入っていることなど知りません。
だから自分も打ち、子供にもワクチンを打たせています。
知らないが故に考えもせずワクチンの列に並ぶというわけです。

●フッ素は死ぬまで与え続けろ!
フッ素は骨に蓄積され痛みや関節炎の原因となります。
また老齢になると骨格異常を形成します。
フッ素は体内に蓄積される毒です。
それは少しずつ蓄積され少しずつ害を及ぼします。
フッ素がはじめて水道水に添加されたのはナチスの強制収容所でした。

当時のドイツ化学者たちは非常に精巧に大衆をマインドコントロールする技術を開発していました。
その具体的な手段は管理区域の飲用水に化学物質を入れることでした。
この手段を使えば、飲用水を用いてその区域全体の女性を不妊にさせ、人口のコントロールができます。
この大衆管理に最適な物質がフッ化ナトリウムです。』

http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61366937.html?__ysp=5by35Yi244GV44KM44KL44Ov44Kv44OB44Oz5o6l56iu44Go44OV44OD57Sg
『強制されるワクチン接種とフッ素

世界は「7人の評議会」で決められる。
その決められた一つに、世界人口の9割を抹殺することがある。

WHO(世界保健機構)は世界人口の90%は余剰人口と決めている。
1974年から人々を永久的に不妊にするワクチンに取り組んできた。

今回の子宮頸がんワクチンには「スクワリン」という物質が入っている。
注)このワクチンにはスクワリンの他に、水酸化アルミニウムも含む。

結果、身体のあらゆる関節が腫れ上がり耐えられない痛みに襲われる。
注)日本の女子中学生や高校生でも、ワクチン接種後この症状が起きている。

これがホロコースト(大量虐殺)の手段の一つ。
死ぬか、あるいは死なないにしても不毛(不妊)となる。

ワクチンはIQの低い人間を創る化学的愚民化政策である。
インフルエンザなどのワクチンにはチメロサールという水銀が入っている。
水銀は、子供の脳を破壊する。
よって思考能力を奪い、洗脳しやすくする。
或いは、自閉症や発達障害を招く。

他方、フッ素も化学的愚民化政策の一つである。
フッ素は、リン酸化学肥料施設の廃棄物で、その処理方法として考えられた。
毒性の高さでは、砒素・フッ素・鉛と続く。』

http://user.paleo.or.jp/seminar/5863/
『「重金属の真実」セミナー〜身近に忍び寄る危険〜

私たちの若さの根源である「エネルギー代謝」を担うのも重金属であれば、糖尿病、自己免疫疾患、神経難病、ガンなどの慢性病を引き起こすのも同じ重金属。
もちろん重金属に慢性暴露していれば水俣病やイタイイタイ病などの公害を引き起こしたものと全く同じ症状を引き起こします。
このような公害は特殊な環境で起こったことと思い込むのは大きな勘違いです。
私たちの日常生活の大気中、日常用品、そして飲食物などにすでに大量に忍び込んでいます。』

日本の子供たちの学力が目に見えて低下しています。
心身共に我慢が出来ない子供が増えています。
子供が悪いのでしょうか?
実は愚民化政策によって、子供たちが破壊されているのです。
これは意図的に行われています。
すべては極悪な一握りの支配層が悪いのです。
そして日本人のほとんどが、従順に支配層の言いなりになり、日本の破壊に加担しています。
自分で考えるという力を奪われ、物事の本質や善悪を理解できない大人が増えています。

病気になりたければ、ミトコンドリアがATPを作れなくさせればいいのです。
ミトコンドリアがATPを作れない環境とは?
まずは酸素不足です。
次に血液の酸性化、血液のpHを7.35未満にすればいいのです。
そしてビタミンやミネラルやクエン酸を不足させれば、ATPが満足に作れなくなります。
ビタミンやミネラルを剥ぎ取った食品を食べ続ければ、病気になれます。
そして最もタチの悪い病気になりたければ、水銀やフッ素を摂り続ける事です。
水銀やフッ素やアルミという重金属・有害物質を定期的に摂り続け、身体に蓄積させることが最も治りにくい病気を生むのです。
酸素や栄養素の不足で病気になった人は、不足している物を大量に与えれば簡単に治る可能性があります。
しかし有害物質や有害重金属が蓄積した人は、簡単には治りません。
重金属が骨などにガッチリと蓄積すると、それを解消するには相当な時間がかかります。
まずは、水銀やフッ素をなるべく身体に入れない事。
入ってしまったら、硫黄化合物や亜鉛やセレンなどでデトックスすることが大切です。
不足している物を補って、有害な物を排泄するのが病気を治すセオリーです。

日本は愚民化政策を積極的に行っている国です。
ワクチンに水銀やアルミを入れ、歯の詰め物に水銀を入れ、水道水に高濃度の塩素を入れ、歯磨き粉にフッ素を入れています。
白米や白砂糖を主食にするように教育もしています。
国民の思考能力を奪って従順にさせ、バカで悪質な売国政党を支持するように仕向けています。
すべては仕組まれているのです。
毎年ワクチンを打って、フッ素入りの歯磨き粉を使っている人には、何を言っても理解できないかもしれませんが・・・。
日本人が一生懸命稼いだお金は、その多くが海外に吸い取られて日本は借金まみれです。
日本はいつの間にか、借金と貧困と病気と発達障害(大人も子供も)の国になりました。
科学的な大衆操作、化学的な愚民化政策のお陰です。
マトモに話が通じない人が多いのは、こんな理由です。
物事の本質を理解できる人とだけ接したいのですが、日本では無理かもしれません。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワクチン(水銀)とフッ素による大衆管理・愚民化政策 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる