ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ブドウ糖⇒乳酸が慢性化で乳酸地獄!癌細胞増殖

<<   作成日時 : 2017/02/28 07:42   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 10

http://www.asyura2.com/16/health18/msg/402.html
『癌発症マニュアル!ブドウ糖⇒解糖⇒ピルビン酸⇒乳酸!

これが「がん」の始まりである。
この時、ブドウ糖を解糖したあと、細胞内が「乳酸」で溢れる。
「乳酸地獄」になる。

蛇足だが、糖質をたくさん食って歯磨きしないと、口内が口臭で臭くなるし虫歯ができる。
口内の原核生物が糖を解糖し酸を吐きだして、口臭をつくって、歯を酸で溶かしているのである。

話を戻す。
そうなると、血液中の「乳酸濃度」が上昇する。
通常、乳酸の濃度が上昇すると、血液のpHが酸性に傾く。
本当は、私が常々訴えている「酸塩基平衡」という血液の「緩衝作用」で、すぐに、弱アルカリ性の理想的な本来のあるべき血液のpHに戻るのだが、なぜか?糖質三昧の人の、血液中の乳酸濃度が弱アルカリ性に戻らない。
ようするに「酸塩基平衡」が効かないまま、ジワジワpHが酸性に傾くのである。

逆に言えば、それぐらい、ブドウ糖が臓器の上皮細胞において、嫌気性解糖作用の亢進の結果、大量の乳酸を吐きだしていることになる。

ほとんどの癌患者の血液は乳酸濃度がひじょうに高く、その酸性度も極めて高い。
pHが酸性に傾くと正常な生命活動が営めなくなり、ご主人様は倦怠感にさいなまれ免疫力を低下させ、さらなる癌を育むような癌体質に変貌してしまう。

癌細胞が勢いよく増殖している患者の癌細胞のブドウ糖の取り込み能力は、ひじょうに強く、その癌細胞が吐きだす乳酸の量もブドウ糖の取り込み量に正比例して、桁違いに多い。

ちなみに乳酸のpHは5くらいであり、癌細胞のpHも5くらいまで酸性度が強くなる。
こうなると周囲の組織は、狭い範囲の組織の乳酸アシドーシス的な状態になり、周囲の細胞はどんどん疲弊し、癌細胞に浸食され、癌化する。
あるいは血流に乗って転移する。

糖質を摂取すると、ビタミンB群がほとんど破壊されます。
ビタミンB群が破壊されると、解糖で生じたピルビン酸が、アセチルCoAに変換できず、その後の重要な工程にいけなくなります。
そうです。
クエン酸回路⇒電子伝達系(ATP 36分子)に到達できなくなります!』

ガンの真実がネット上では、どんどん広まってきています。
ガンは三大療法を拒否してやるべきことをやれば、そんなに怖い病気ではありません。
ガンは特別な病気ではなく、スタンダードな病気です。
あらゆる病気の基本は、ミトコンドリアの活動が鈍って血液が酸性に傾く事です。
pH7.4が正常値である血液が、pH7.3やpH7.2になるのが“病気”なのです。
ガンの場合は、ガン細胞の周辺に吐き出された乳酸が多い為に、乳酸が重合して固いシコリが出来ているだけです。
シコリの無い乳酸アシドーシスが糖尿病や腎臓病や肝臓病や脚気やてんかんと表現され、シコリの有る乳酸アシドーシスがガンと表現されているだけです。

正常な細胞は酸素やビタミンやミネラルやクエン酸などを利用して、ブドウ糖をATP(アデノシン三リン酸・生体エネルギー)に変えてくれます。
私たちはATPによって活動し、細胞を修復し、病気やケガも治しているのです。
ATPが不足すれば病気になり、傷やケガも治りにくくなります。
お金が不足すると満足に暮らせない様に、ATPが不足すると健康を維持できないのです。
ATPが唯一のエネルギー源であり、細胞の修復まで担っているのです。
正常細胞はブドウ糖⇒ATPです。
ガン細胞はブドウ糖⇒乳酸です。
ガン細胞周辺は、エネルギー不足と乳酸による酸性化という2重苦があります。
エネルギーが不足するだけでも大変なのに、pH5の乳酸が固まって痛みや血流の滞りまで発生させます。
大量の乳酸は、酸性環境で周囲の正常な細胞までガン化させます。
そして大量の乳酸は、血液や体液に流れ込み、血液をpH7.35未満のアシドーシス(血液の酸性化)まで引き起こすのです。

ブドウ糖が無駄なくエネルギーに変わってくれれば理想的です。
それには酸素・ビタミン・ミネラル・クエン酸などが必要です。
ブドウ糖がエネルギーにもならず、乳酸というゴミに変われば最悪です。
人間の血液がpH7.3なら病気、pH7.2で危険、7以下なら死んでしまいます。
ブドウ糖をエネルギーとして活かせる人が健康であり、ブドウ糖をpH5の酸性物質に変えている人が病気なのです。
しかし乳酸も条件さえ整えてやれば、エネルギーとして再生可能です。
乳酸をエネルギーに変えるのに最も重要な物質は酸素!
特に溶解型酸素が効果的です。
そして水素(電子)やビタミン・ミネラル・クエン酸・アルカリ剤なども重要です。
病気を治すには、糖⇔乳酸をそれ以上に増やさない為の糖質制限と、蓄積した糖⇔乳酸を代謝するための酸素・栄養素の摂取という2本柱で考える必要があります。
有害物質や重金属で病気になっている場合は、デトックスも重要です。

現代人は必要な物が不足して、不要な物・有害な物を摂りすぎています。
だから不具合を訴える人が多いのです。
ミトコンドリアがATPを作る為に、何が必要か?
ミトコンドリアがATPを作る為に、何が邪魔をするのか?を考える必要があります。
病気を治すのに、特別に合成された物など必要なく、むしろ有害になります。
酸素や水素(電子)やビタミンやミネラルやクエン酸やアルカリ剤など、昔から地球上に有る物がミトコンドリアを元気にして、ATPの生産を活発にします。
何億年も前から、そのように決まっているのです。
小賢しい人間たちが、現代医学や現代医療を作りました。
金儲けの為に他人を犠牲にするまでに極悪になっています。
権威のウソ話を聞くよりも、ミトコンドリアの声を聴いた方が健康になれます。
海洋性バクテリアだったミトコンドリアが、弱アルカリ性の環境を好み、酸素やミネラルを好むのは当たり前の事です。
動物の体内に血液という疑似海水に満たされた環境を作ったのです。
酸性雨で多くの生き物が死に絶えるように、血液にpH5の酸性物質が流れ込めばミトコンドリアは活躍できないのです。

“pH5の乳酸地獄”で苦しんでいるミトコンドリアの声を聴きましょう。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
教えて下さい。

ネットでみていたら炭酸水素ナトリウムは脳内出血の原因となるという記事がありました。

その医薬品である重曹を毎日一日一回、用量を守りながら専用の小サジ一杯飲んで脳内出血するものなのでしょうか?
エイサク
2017/03/05 04:03
エイサクさん、おはようございます。
重曹は料理にも使われる安全な物質です。
pH8〜8.5のアルカリ剤なので、酸性化しやすい現代人にはむしろプラスだと思います。
極端に大量に摂らない限り問題ないでしょう。
世の中には間違った情報が溢れていますが、最終的には自己判断するしかありません・・・。
鈴森
2017/03/05 06:52
初めまして、こんにちは。
ブログ更新お疲れ様です、いつも非常に興味深く読ませて頂いています。

すいません質問なんですが、クエン酸と春ウコンを一緒のペットボトルに混ぜて飲む事は問題が生じるでしょうか。
この二つは一日何度も何度も小まめに摂取した方が効果があるようなので、一緒にできたら楽だと思ったのですが。
ぽっぽ
2017/03/08 11:47
ぽっぽさん、おはようございます。
クエン酸と春ウコンを一緒に混ぜて飲む!という事をやったことが無いので、あくまで推測ですが・・・。
クエン酸も春ウコンもミトコンドリア賦活剤です。
糖の代謝を促進し、免疫力を向上させます。
必要な栄養素は、互いに助け合って働くので、一緒に飲んでも問題は無いように感じます。
クエン酸とウコンが両方入ったサプリもあるみたいですし・・・。
身体の不調はミトコンドリアの不調ですから、ミトコンドリアの働きを高める物質は併用しても良いと思います。
鈴森
2017/03/09 06:43
鈴森さん、お返事ありがとうございます。

そうなんですね、サプリで商品化されてるなら大丈夫そうですね。
混ぜて時間が経つと化学変化しそうで心配だったのですが、これで少し楽になりそうです。

ちなみに早速なのですがクエン酸一日20g飲んで一週間程ですが、既に体が結構柔らかくなってきたのを感じます。
珠玉の情報に本当に感謝しております。
ぽっぽ
2017/03/10 00:42
ぽっぽさん、おはようございます。
クエン酸や重曹みたいに昔から存在する物が身体にいいですね。
自然界に昔から有る酸素や水素(電子)や硫黄やビタミンやミネラルなどを利用して、ミトコンドリアはATPを作ってきました。
人間が化学合成した物など、ミトコンドリアにとっては異物(毒)でしかありません。
そんな毒をクスリと称して売る商売は、本当に悪質です。
鈴森
2017/03/10 06:50
先日はコメントにお返事ありがとうございました。
ところでまた質問させてください。
私は数年前から毎日、飲む点滴と言われる手作りの甘酒(麹菌)を食べていますが、これは毒なんでしょうか。
麹菌がアクリルアミドを分解してくれるという記事を読んで作るようになったのですが何だか怖くなってきました。
yamairo
2017/04/22 22:18
yamairoさん、おはようございます。
甘酒は毒ではありません。
特に手作りであれば栄養満点の飲む点滴です。
百種類の酵素とアミノ酸と吸収されやすいビタミンB群が入っているので、糖をエネルギーに変えてくれます。
精製糖質はビタミンB群やマグネシウムを奪う毒ですが、糖代謝を促進する栄養素が多い甘酒はエネルギーの源です。
一面から判断するのではなく、多面的に判断していただければ良いと思います。
飲むと体調が悪くなるならダメですが・・・。

甘酒には、最強の抗酸化物質エルゴチオネインが入っているそうです。
ビタミンEの7000倍の抗酸化パワーがあるようです。
一部のキノコと甘酒くらいにしか入っていないようです。
病気とは身体の酸化・酸性化ですから、抗酸化力が強い物質は間違いなく健康に良いと思います。
エルゴチオネイン・甘酒で調べてみて下さい。
お肌にも薄毛にも効果があるようです。
鈴森
2017/04/23 05:53
鈴森さん、おはようございます。
早速のお返事ありがとうございます。
丁寧なご説明をしていただき悪い頭も理解できました。
それにしても今更ながら甘酒は効能があるんですね!
抗酸化物質が入ってるなんてびっくりです。
そういえば肌がきれいとよく言われます。
本人はシミだらけと知っているので半信半疑だったんですが。
とにかく今後もはりきって甘酒を作りたいと思います。
有難うございました!
yamairo
2017/04/23 09:40
yamairoさん、おはようございます。
手作りの甘酒効果で美肌なんて素晴らしいですね!
お肌のシミは酸化ですから、ビタミンEの7000倍の抗酸化力のあるエルゴチオネインの威力は凄まじいのかもしれません。
私も甘酒を飲みたくなりました(笑)。
発酵食品やキノコ類は、やはり菌が身体に良い物質を作ってくれるので健康維持に欠かせませんね。
とにかく抗酸化ですね!
鈴森
2017/04/24 07:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブドウ糖⇒乳酸が慢性化で乳酸地獄!癌細胞増殖 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる