ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ダウン・トゥ・アース」アーシングの真髄・電子付加の重要性

<<   作成日時 : 2017/05/08 06:06   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

https://www.youtube.com/watch?v=GM9iwtQxNXM
『ダウン・トゥ・アース

我々は知らずに電池の中で暮らしている様なものです。
地面はマイナスの電荷を帯び
そして地球上にある電離層に
太陽の電磁波があたると分子をイオン化し
プラス電荷とマイナス電荷に分けます。
マイナス電荷は落雷で地面に放出され
プラス電荷は100キロの上空に残ります。
体にはマイナス電荷がないと問題になります。
人には空気や光のようにグラウンディングが必要です。

炎症はありとあらゆる病名に変わります。
私の専門分野の心臓病もそうです。
その心臓病は炎症から来ます。
だから問題は「どうやって炎症を抑えるか」です。
炎症は白血球の好中球によって起こります。
たとえば怪我をすると好中球が活動して
細胞を囲んで酸素を放出させます。
結果的に細胞から電子を奪って破壊します。
このフリーラジカルの数を減らすために
十分な「自由電子」がなければ
健康な細胞から電子が奪われます。
すると繰り返し免疫系に伝わって
好中球の活動で連鎖反応を起こします。

アデノシン三リン酸(ATP)は細胞のエネルギー源です。
我々は電気的な存在で
体のシステムの力はATPからできています。
だから大地に繋がるたびに
体内に電子が移動します。
絶縁の環境になると
電子不足によって血液はどろどろになり
炎症は増えます。
たとえば慢性の痛みの場合
グラウンディングは鎮痛作用があります。
なぜならば「酸化」を防ぐからです。
その影響はほぼ瞬時に起こります。
そして身体は健康状態にもどります。
60〜70%の割合で改善が見られます。
様々な病気の原因が炎症にあるなら
そして絶縁状態が炎症の原因だとすれば
グラウンディングさえすれば炎症は起こりません。

これは医療の世界に出版された
アーシング&グラウンディングの情報です。
すべての情報は専門家の検証済みです。
分かりやすく言えば
炎症の「火」を消して
万病の源をなくすことです。
アルツハイマー病、癌、心臓病、糖尿病も含めて
炎症を抑えれば
炎症を止めることさえできれば
私たちはより健康的になるだろう。

なのに注目されないのは何故でしょうか!
グラウンディングはこれから(広がるの)です。
現在の医療システムはお金がかかります。
経済の利権に左右されます。
だからグラウンディングを積極的に広めようとしない。
大手の利益問題があるからこそです。
製薬会社の目的は利益ですから
グラウンディングをしないことがどれほど
病気の増加に関係するのでしょうか?
グラウンディングは間違いなく関係しています。』

http://echan.jp/tag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0/
『エハン塾
アーシング』

ひろみさんから、アーシングの真髄を教えてくれる素晴らしい動画をご紹介いただきました。
「ダウン・トゥ・アース」
この動画を見ないで一生を終えるのは本当にもったいないです。
地面に裸足で立つだけで、アース(地球)から自由電子が与えられる。
そんな素晴らしい事実は、日本の医学界やマスコミは絶対に教えてくれません。
日本はいかに病人を増やして金を奪い取るか!に凝り固まった国です。
タダで病気が治る!病気が予防できる!という情報は、徹底的に叩き潰されます。
酸素や電子が病気を治す事実は、いつまでも隠蔽され続けるのです。
だからこそこういった事実に気付き、理解した人は大きなアドバンテージを得るのです。
皆と同じだと安心する!という日本人気質が存在しますが、皆が知らない事実を知り、理解することで、大きな利益を得ることができるのです。
ネットで欧米の情報を得ることができるようになったので、こんな貴重な情報が簡単に手に入るようになりました。
あとは自分自身が、この価値ある事実を理解して実践できるかどうかです。

宇宙も大自然も人間も、すべては酸化還元反応で成り立っています。
酸化(電子を失う事)と還元(電子を与えられる事)を繰り返して、私たちはエネルギーを得て生き続ける事ができるのです。
人間は絶縁素材の靴を履くようになってから、疲れやすく病気がちになっています。
地球と直接つながれない状態で生活しているので、酸化還元がスムーズではないのです。
現代人は電子を奪われやすい環境・食べ物・飲み物で生活しています。
電子は目に見えないから誰も気付かないだけです。
現代社会に病気が蔓延する大きな原因は、現代人の電子不足です。
電子不足によって身体が酸化・酸性化しているのです。
身体を還元する方法はいくつもありますが、アーシング・グラウンディングは最もお金がかからない還元法です。

電子を奪われる、酸素を奪われる、ATPが十分に作れない、血液が酸性化している、慢性的な炎症状態になっている。
ミトコンドリアが不調になる原因は様々です。
私たちは健康に生活したければ、ミトコンドリアが不調になる原因を潰していかなければなりません。
血液が酸性化して電子を奪われるのも、慢性的な炎症も、ATPが作れないのも、実は過剰な乳酸の蓄積が原因です。
酸素欠乏症・電子欠乏症、そして乳酸アシドーシスによる慢性炎症などの対策を意識的に行っていれば、病気を寄せ付けない身体を手に入れられます。
地面に裸足で立つ!というアーシングは、最も簡単な対処法です。
お金もかからないし、誰でもできるのです。
寒いとか、汚いとか、虫が出る、近所の人から変わり者に見られる、などの弊害はありますが・・・。
裸足で芝生を歩いたり、海岸の砂浜を歩いたりするのが、最もアーシング効果を高めます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。 私は 普段バリ島に暮らしてます。 住まいは 短期間の観光客で賑わう中心部から すこしはずれた自然の多い場所で 世界中から真の健康的生活に 目覚めた人たちが 集まってきて ヨガ、 ヒーリング 、ローフードなどをで 毎日過ごしてます。この 数年前から ロシア人の 若い人達が 目立ってふえていて 裸足で歩いてます。そして 自然分娩で赤ちゃんを 生んでいきます。 みんな本当に 目や肌が健康的で穏やかです。 私も 時々 サンダルを 脱いで 散歩しますが 明らかに 身体に力が湧いて スッキリ爽やかになります。日本人も世間の目や 変な常識から自分を開放して 真の健康法に目覚めて欲しい。裸足でラジオ体操をする会とか 自治会で 行ったりすれば いいかもです。
コズミック ハグ
2017/05/13 12:53
コズミック ハグさん、おはようございます。
バリ島で暮らしているなんて羨ましいです。
私も1度だけバリに行きましたが、自然も街並みも素晴らしかった記憶があります。
アジアと欧州がいい感じに融合していて・・・。
世界中の人が集まって来るんですね。

裸足で土や砂の上を歩くだけでスッキリと気持ち良くなる。
病気の治療や予防にも役立ちます。
スペイン在住のひろみさんも自然の中でアーシングされていますから、海外では普通になってきているのかな。
太陽の光を浴びて、海岸沿いの砂浜を裸足で歩きながら、正しい呼吸法をする。
太陽と地球から自由電子をもらい、大自然から酸素をもらえば、ミトコンドリアは喜んでATPというエネルギーを作ってくれます。
それが健康の秘訣ですね。
日本人の多くは、それが出来ずに不調を訴えます。
農家の人に長寿が多いのは、空気の良い所で日の光を浴びながら土いじりをしているからですね。
サーファーも無意識に健康的な生活なのかな。
私は子供の頃に、親に浜松の中田島砂丘に連れて行ってもらうと、ずっと砂の城を作って遊んでいました。
疲れ知らずで何時間も遊んでいました。
これも理想的なアーシングだったんでしょうね(笑)。
鈴森
2017/05/14 06:21
オステオパシー施術家の方のブログで、東洋医学の
腎の経路から、アーシングのことが書かれていました。

「腎と股割り」
http://ameblo.jp/matsuo52/entry-12275157079.html

腎を強めるエクササイズ
〇裸足で大地を歩く
〇四股
〇股割

やっぱり、アーシングですね。
暖かくなってきたので、再開していますが、足裏の痛みが
和らいできました。
ひろみ
2017/05/19 06:27
ひろみさん、おはようございます。
ブログを拝見しました。
やはり大地から電子を与えてもらえるアーシングは、間違いなく身体を良い方向に導きますね。
裸足で大地を歩く・四股・股割は、まさに日本の国技・相撲そのものです。
昔の人は理論的な事はわからなくても、何がケガ・病気を防ぐかを知っていたのですね。
腎のエネルギーを強め、体軸を強化する。
人間はやはり地球の一部であり、太陽と地球からエネルギーを貰って生きているのだと思います。

オステオパシーの施術家がアーシングを推奨する。
やはり“解っている人”は、方向性が同じです。
アメリカで医療として認められている手技療法のオステオパシーと、アーシングの合体は素晴らしい。
エイド・ステーションのえいど。院長のミオンパシーのベースは、このオステオパシーみたいですね。
えいど。院長も、タカダイオンやUP1陶板浴などを駆使して、電子を与える治療を行われています。
柔軟な発想をお持ちの治療家は、良い物をどんどん取り入れますから、より病気が治りやすくなります。
1つの治療法に拘るのではなく、様々な酸化還元療法を組み合わせるのが、健康への近道だと実感します。
オステオパシーやミオンパシーの治療院が近くにあれば、是非行ってみたいですね!
いつかえいど。院長とは、お話してみたいです。
いつも貴重な情報をありがとうございます。
鈴森
2017/05/20 07:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ダウン・トゥ・アース」アーシングの真髄・電子付加の重要性 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる