ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 良識ある医師は“人殺し医療”を止めたい!クズ医者は続けたい

<<   作成日時 : 2017/06/05 06:20   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12280445527.html
『「頭医者のつぶやき」
健康を維持するためには・・その6
・製薬会社は一般大衆を欺いている

・人類の半分は病院で殺されている!

・【衝撃】日本は世界一の医療殺人大国

このように痛烈に酷評されているのを忘れてはなりません。
このように一般の方から酷評されているにも関わらず、医師の立場から何も反論がないというのは何を意味しているのでしょうか?
製薬メーカーからの恩恵が絶大なためなのでしょうか。
以前にも、アメリカのロバート・メンデルソン博士の「医師はこうして嘘をつく」で紹介しましたように、現実の日本の医療は、旧態依然として、これが踏襲されて行われているようです。』

http://blog.livedoor.jp/skado1981/archives/15214351.html
『パラダイムシフト好きの外科医のblog
話し合いが通用するほど、甘くない。
パラダイムシフト治療に理解ある職員の方から、糖質制限に関してもっと内科専門医と対話することを勧められました。
何年か前に、私も直接内科専門医に糖質制限の有効性について自分で経験した患者さんの経過を含めて聞いてみました。

全く聞く耳を持たず。
対話にならない。
反対といっても、具体的で建設的な反対意見がない。
まず反対ありき。
自分の経験を語れない。
ひたすら学会の趨勢とガイドラインだけ。
この段階で、まともなコミュニケーション能力を持つ医師が非常に少ないことを肌で感じることができました。

医師の考え方を変えることなど、無理。
時間の無駄。
割を食うのは患者さん。
真実を求める患者さんには、何とか情報が伝わるようにはしたいですが、医師に何か働きかけるのは人生の無駄だと思っています。』

http://blog.livedoor.jp/skado1981/archives/21667098.html
『周囲との軋轢(あつれき)を、どうするか。
パラダイムシフト治療を、ためらうことなく診療に取り入れています。
当然、周囲との衝突あるいは軋轢もあります。
ブログでは書けないような経験も、たくさんあります。
古今東西の医学のパイオニアと呼ばれる人達は、私より遥かにひどい扱いをされてきたでしょう。
私のしてきた経験などは、それに比べれば蚊に刺されたのと同然です。

最近は何も言われなくなりましたが、やはり理解されることは少ないです。
そういえば、面と向かって理論的に反対されたことは一切ありません。
無視、傍観、あるいは非協力的な態度をとられることがほとんどです。
治療の結果を冷静に比べようという提案も、これまで一切ありません。
比べたら、圧倒的な効果が分かってしまうからでしょう。

私の職場でも、直接診療した患者さんと、一部の職員にだけ支持される状態です。
このような姿勢を、周囲の医師達からは、疎まれることはあっても本当の意味で理解されることはほぼないでしょう。
それでも、良い結果が出ることを信じて診療していきたいと思います。』

https://matome.naver.jp/odai/2144405237846519801
『知らなかった・・・薬が人を殺している!
【常識はウソだらけ】
❝病院へ行けば、医師が病気を治してくれると固く信じています。
❝「先進国では減少傾向のガン死亡者が日本では増え続けているのはなぜか?」
❝実は一般的に「効く」と信じて飲まれている薬の大半は効果がないどころか、危険な副作用で健康を損なうものばかりなのです。
❝日本は世界でもダントツの薬漬けの国家
❝製薬会社や医者が、本気でガン・慢性病の克服を望むと思いますか?』

日本の医学界は想像以上に腐っています。
だから病気が蔓延し、製薬会社や医者が大儲けをしています。
製薬会社も医者も、最初から病気を治す気がないのです。
病気を治せないバカを、果たして医者と呼んでもいいのか?
病気を治せないバカは、詐欺師や泥棒や人殺しと呼んだ方がいいのでは?
日本では医師免許を持っている人の多くは無能です。
医者として無能ゆえに金儲けができるのです。
ある意味バカで、ある意味ズル賢いのです。

日本でも稚拙な詐欺医療の矛盾に気付く、良識ある医師がおります。
そんな医師たちは本気で患者さんの病気を治そうと奮闘されています。
本当に頭が下がります。
能力的にも優れておられるでしょう。
しかしそれ以上に、考え方が高潔なのだと思います。
卑しいクズ医者は、頑なに標準治療を推進します。
患者さんの事を何も考えていないので、とにかく製薬会社や病院が儲かる詐欺医療に邁進するのです。
他人の痛みのわかる良識ある医師たちは、標準治療が全くの役立たずどころか、病気を悪化させることを知ってしまいます。
勇気ある医師たちは、医学界に逆らってでも患者さんを救おうとします。
すると日本の医学界では、そんな良識ある医師を排除しようとするのです。

良識ある医師たちが、本当に治る治療法や食事療法をクズ医者たちに教えようとします。
しかしクズ医者たちは聞く耳を持ちません。
正しい治療法を教えようとしても、むしろ迷惑がるだけです。
多くの日本の医者にとって、病気が治り、病人が減ることは、何の価値も無い事です。
本音を言えば、病人が減っては困る!と考えているのです。
病気(他人の不幸)のお陰で高収入が維持できることを知っているのです。
人類が多くの病気を克服し、人々が幸せになれば、クズ医者たちは不幸になるのです。
だから人類の敵・人類の裏切り者・人間のクズとなり、正しい医療の普及を妨害するのです。
ガンや慢性病の克服を最も邪魔しているのは、明らかにクズ医者たちなのです。

無知なお医者さんたちを批判しては可哀そう!という人もいます。
毎年何十万人もの罪の無い人たちを殺しているクズ医者たちに、同情する人がいます。
自分や身内が惨殺されても、そんなことが言えるのでしょうか?
バカ医者なら何百人も殺しても許されるという発想は、所詮は他人事だからです。
クズ医者たちにしても、患者さんがどれだけ苦しんで亡くなっても他人事です。
良識ある医師たちが真実を伝えようとしているのに、それを意図的に拒否しているクズ医者たちに同情の余地はありません。
クズ医者たちが、正しい医療の普及を拒んでいるのです。
だからいつまで経っても、病気が増え続けて医学界が繁栄し続けるのです。
意図的に仕組まれているのです。

医師免許を持っていれば誰でもいいわけではありません。
正しい理論と治療法を持っている医師を選ぶ必要があります。
日本では、かなり少ないです。
良識ある医師は、日本の医学界では、無視・迫害・嫌がらせの対象になるからです。
そんな数少ない医師だからこそ、価値が高いのです。
ほとんどの人たちが何も考えずにクズ医者の所へ行きます。
そして取り返しのつかない状態にされて、犠牲になっていきます。
良識ある医師を探すのは、すべては自分の為です。
人殺し医療を推進するクズ医者と、正しい医療を推進する医師とでは、結果が全く違います。
それを見抜く知識と眼を持つ必要があります。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
良識ある医師は“人殺し医療”を止めたい!クズ医者は続けたい ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる