ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS プラズマ療法で血流速度3倍ATP生産量3倍でガンが治る

<<   作成日時 : 2017/07/04 07:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

http://blog.livedoor.jp/harco_f/archives/55445036.html
『【プラズマ療法】人は活動エネルギーを、カロリーから得ている訳ではない
人の活動エネルギーは、炭水化物やたんぱく質などから取り出した、水素を使って作ります。

水素はミトコンドリア内のマトリクスにある、ATP合成酵素に入っていきます。
一つの水素がATP合成酵素に入ると、そこでモーターが回り、3つの電子(e−)が発生します。
この時に、エネルギーが作り出されるのです。
脳の神経細胞は、お互いの情報伝達の際、電子を交換をしている事が良く知られています。
同じ様にして、人間の活動エネルギーでも、電子(e−)が利用されているのです。

ご存知のように、地球の内部には核があり、その周りはマントルに囲まれています。
物質と物質がぶつかると電子(e−)が発生するので、常に移動している液状のマントルから、電子(e−)が多量に発生しています。
地球内部の電子(e−)は膨大な量であるため、地球の周りに地磁気ができて、地球が振動しているのです。

プラズマパルサーは、地球の振動数の倍数で、ATP合成酵素に直に電子(e−)を打ち込んでいます。
これにより、活性酸素を発生させずに、生命活動のエネルギーを充当することができるのです。』

http://blog.livedoor.jp/harco_f/archives/36900161.html
『【プラズマパルサー】人の細胞は電子で満たされている。
プラズマメンブレンには細胞内極性があり、電子が絶えず出入りしています。
この、電子が出入りして振動している状態を生命工学的に、「生きている」と言っています。』

http://blog.aokjapan.net/?eid=547
『プラズマ療法
プラズマ療法は、マイナス電子の充電器です。
携帯電話やスマホを充電するようにカラダにマイナス電子を充電しておきましょうね。
皮膚を通じてマイナス電子を充電すると、弱った細胞を正常細胞の28ATP細胞に近づけることができます。

電子パッドに手を乗せて5分〜10分で
1.毛細血管内の血流速度が3倍の上昇
2.体温が、0.5℃上昇
3.ATPの生産量が3倍上昇
の効果が実証されています。』

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/417263/022200123/?rt=nocnt
『急進展するプラズマ医療、人への治療試験も始まる
がんを対象にしたプラズマ国際会議も発足し、2017年で第4回を数えます。

プラズマ技術の医療への応用は多岐にわたりますが、特に、がん、止血、創傷、スキンケアを対象にした研究が、活発に行われています。
臨床に向けた基礎研究において日本はトップを走っていますが、強い法規制のため、いまだに非臨床試験にとどまっています。
一方、ドイツや米国では、既に人を対象にした治療が行われています。

特に、日本で見いだされた、プラズマ活性培養液の投与(間接照射技術)によるがん治療への展開は、この1年で急速に研究件数が増え、その機序の解明に関する研究に大きな進展がみられます。』

ガンの原因は、ミトコンドリア異常・酸素不足・電子不足・ATP不足です。
酸素や電子が不足して、ミトコンドリアがATPを作れないのがガン細胞です。
正常な細胞はATPを作ってくれるのに、ガン細胞は乳酸を作って、酸化ストレスや慢性炎症を引き起こしてしまうのです。
正常細胞がATP製造マシーンだとすると、ガン細胞は乳酸製造マシーンであり、天使と悪魔ほどの違いがあるのです。
だから酸化(電子を失う)した身体(細胞・血液)を、還元(電子を与える)しなければ、ガンは治らないのです。
効果的な還元(電子を与える)をするのに、プラズマ療法が注目を浴びています。

地球のマントルから多量に電子が発生している!
地球内部の電子(e−)は膨大な量です。
現代人は靴を履いたり、アスファルトに覆われた大地を歩いたりしているので、その電子を受け取れなくなっています。
裸足で土の上を歩くアーシング(グラウンディング)は、大地からの電子によって、身体を還元させているのです。
裸足で歩いたり、土いじりをすることが、病気の予防や治療に役立つのですから、とても安上がりでいいですね。

プラズマ療法で電子を叩き込むとガンが治る!という事実が、世界中で広まりつつあります。
日本は基礎研究において世界のトップを走っていますが、強い悪法規制によって抑え込まれています。
ドイツやアメリカでは人を対象にした治療が行われているのに、日本では公には許されないのです。
日本の政財界・医学界では、ガンが治っては困る!という考え方が主流です。
ガンを治さない治療法、ガン患者を殺す治療法は何十年も前から正式採用されるのですが、本当にガンを治す治療法は排除するルールになっています。
ガンが簡単に治っては秩序が乱れる!と本気で考えているようです。
ガンビジネスによる巨大な利益は、政財界・医学界にとって、とても魅力的なのでしょう。
他人を毎年何十万人も殺してでも金儲けがしたい!という気持ちが強いのです。
プラズマ療法は、複数の大学で細々と研究され、民間医療でも細々と行われています。
けっしてマスコミに大きく取り上げられることもありません。
プラズマで電子を与えてガンを治す!という事実は、日本ではタブー扱いなのです。

プラズマパルサーで血流速度が3倍になり、ATPの生産量も3倍になる。
体温も0.5℃上昇する。
プラズマ療法で、明らかにミトコンドリアが活性化します。
ミトコンドリアがATPを大量に作るから、体温も上がるのです。
プラズマ療法でガンが治るだけでなく、止血や創傷やスキンケアにも役立つ。
プラズマ療法は、ガン(病気)を治すだけではなく、ケガや傷やお肌の状態も治すのです。
つまりATP(生体エネルギー)は万能だということです。
細胞の修復も、エネルギーの補充も、病気の治療も、すべてはATP次第です。
生体のエネルギー通貨と言われるATPが大量にあれば、病気もケガも治せるのです。
酸素カプセルや酸素ルームで病気やケガが早く治るのも、同じ理屈です。
溶解型酸素が大量のATPを作るので、病気やケガが治るのです。
酸素+電子=ATPなのだから、病気やケガを本気で治したいのなら、酸素と電子を大量に与える事を第一に考えなければなりません。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラズマ療法で血流速度3倍ATP生産量3倍でガンが治る ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる