ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気もケガも酸素・電子・ATPが早く治す

<<   作成日時 : 2017/08/01 08:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

http://ameblo.jp/salon-de-sol/entry-12070499011.html
『噓でしょ?全治1ヵ月半の骨折を1週間で治すワザ!!
2週間前に人生初の骨折を経験しました。。
全治1か月半と診断され、ビジネストリップも全てキャンセルに。。
ただ、ある物を使用して、1週間で治し、運動も再開しました!!

■骨折や怪我を最短で治すには、酸素とミトコンドリアが鍵?
ミトコンドリアの大きな役割としては、ATPというエネルギーを作り出す事です。
結論から言うと、ATPが多いほど、怪我や骨折をすぐに治してくれます。
そして、ATPの合成に必要なのは、酸素なのです!

■酸素を増やす方法
数年前に、ベッカム選手が骨折し、すぐに完治させた事で話題になった「酸素カプセル」はご存じだと思います。
これを、更に酸素を特殊な方法で濃縮させた、酸素オイルがあります。

酸素は美容だけでなく、怪我、骨折、痛みなど、全てに大きく関わっているんです。』

http://www.asvin.jp/microcurrent/body_elec/body_elec.php?pagenum=3
『治癒力と電流
細胞内に存在するミトコンドリアによって合成されたATPは、全ての活動エネルギーの元であり、細胞内の栄養や老廃物などの循環(イオン交換)を担っているポンプのエネルギー源でもあります。
微弱電流はミトコンドリアの電気伝達系を活性化して、ATP合成を高めることがわかっています。
ということは、体内の電流の流れを円滑にしてやることでミトコンドリアは刺激され、ATPの合成を活性化し、イオン交換(細胞の代謝)を活性化してやることに繋がります。
また、細胞が傷ついたときに電流の乱れを修復する損傷電流も微弱な電流ですから、微弱電流は、細胞の修復の手助けも担っているということになります。
これらのことから微弱電流は、細胞レベルで治癒能力を上げてやることが可能であるといえます。』

http://supplement.wp-x.jp/atp-2091
『生体エネルギーの通貨「ATP」
「人間はなぜ、病気になるのか?」の問いに、ロバート医師は次のように答えています。
「生体のどこかでATPというエネルギー源が不足しているから、人間は病気になる」
たとえば、病気になると生体はなんらかの症状を現し、私たちにシグナルを送ります。
激しい頭痛がする場合、それは生体からの「体の中で問題が起こっています。体のどこかでATPが足りません。なんとかしてください」というシグナルだそうです。

ロバート医師は、病気を本当に治すことができるのは、ATPを産生し、体内のATPを増やすことのできる生体自身だけだと力説しておられます。
では、どうすればATPを増やし、健康を維持することが出来るのでしょうか?
ATPを産生するためには、酸素と糖質や脂肪などのエネルギー源が必要で、これらを体内に取り込む役割を担っているのが呼吸と食事、および血液の循環です。

ロバート医師によると、ATPを増やすために最も重要なのは呼吸で、呼吸量を増やし、体内に取り込む酸素を増やすほど、ATP量が増えると考えられるそうです。』

http://www.somadyne.com/category/1268894.html
『治癒とは
「人間が病気になるのも、自分自身を修復するのも自然の働きであり、病気、怪我を治すのは患者自身の本来持っている自然治癒力である」

自己再生機能・・・エネルギーの元 ATPの生成能力を高める

細胞内のエネルギー源のほとんどは、ATPという物質によって供給されています。
例えば、人は一日に体重と同じ量のATPを合成し、消費しています。
逆にいえば、人の体内には約3分間程度のATPしか蓄えられていません。

つまり、何らかの原因で細胞が損傷を受けると、その部分の組織からのATPの要求度が急激に高まり、生成が追いつかない不足した状態になってしまいます。

微弱な電流を身体に通電することでATPの生成機能が500%増加し、細胞修復に必要不可欠なアミノ酸輸送及びたんぱく質合成の増大することが分かっています。』

今回は病気やケガを治す為の本質的な事を書きます。
ミトコンドリアが病気やケガを治します。
ATPが病気やケガを治します。
酸素が病気やケガを治します。
電子(微弱電流)が病気やケガを治します。
ミトコンドリアが酸素と電子を利用してATPを生成し、病気やケガを治すのです。
病んだり傷ついた人間の細胞を修復・再生するのは、ATP(アデノシン三リン酸)という生体のエネルギー通貨だけです。
ATPは人間が生き続ける上で、最も重要で、最も万能な物質なのです。
この事実を知ることが、病気やケガを治療する為に最も大切な事柄です。

人間は、ATPが不足した部分で痛みを感じる構造になっています。
ケガをすると血管が分断されて血液が届かなくなるので、ミトコンドリアがATPを作れなくなって痛みという形で教えてくれるのです。
ATPの欠乏は細胞にとっての異常事態なので、警報を鳴らしているのです。
頭痛や腰痛や膝痛なども、酸化した細胞がATPを作れないというサインを送っているのです。
言わば細胞やミトコンドリアの悲鳴を、痛みという形で教えてくれているのです。

酸欠状態や酸性化(電子欠乏)した状態や血液が届かない状況が、ATPを作れない環境です。
酸素や電子は、血液がミトコンドリアまで運びます。
適度な酸素、適度な電子、充分で良質な血液が、健康に生きる為には絶対に必要です。
人間が死ぬのは、酸素・電子・血液が不足した時です。
水中で溺れたり、首を絞められたリ、ナイフで刺されて出血多量になると人は死にます。
心臓が止まって、血液の供給がストップしても人間は死にます。
充分な酸素・電子を含んだ血液が送られてこないと、ATP不足で死んでしまうのです。

プラズマ療法でATPは3倍に増え、微弱電流でATPは5倍に増え、酸素カプセルや酸素ルームでATPは数倍に増えます。
高酸素吸入器や酸素オイルでも、ATPは増えるでしょう。
病気やケガで苦しんでいる人は、身体のある部分でATPが不足しています。
ガン患者はガン細胞周辺でATPが不足し、悪化すれば全身のATPが不足してきます。
ATP不足を解消するのに、即効性があるのが酸素や電子の大量供給です。
たんぱく質やビタミンミネラルなどの栄養素で、ATP不足を解消するのが王道ですが、早く治したい場合に、酸素や電子の大量供給に頼る方法もあるのです。

病気とは細胞が病む事です。
ケガは細胞が痛む事です。
病んだ細胞、痛んだ細胞を元通りに修復してくれるのは、ATPだけです。
自己再生機能を働かすのは、ATPなのです。
ATPはエネルギーであり、細胞の原料でもあるのです。
ATPの2大原料は、酸素と電子です。
酸素と電子のどちらが欠けても、充分なATPは作れません。
ミトコンドリア・酸素・電子・ATPが、健康に生きる上でどれだけ重要か理解できたでしょうか?
病気やケガや疲労の治療は、ATPの生成能力を高める治療が王道です。
それを理解していれば、詐欺的な治療法を見抜くことができます。
医療は人類史上最も儲かる商売なので、詐欺的な医療が主流になっています。
とにかく物事の本質を見極め、本物の治療法を選択してください。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の記事はすごく本質的な話でした!
いつも勉強になります!
最近、昼食後に吐き気がするのですが、ATP不足かもしれませんね!
鈴森さんは
こういう記事などは
どこから学んでいるのですか?
真実探求
2017/08/02 12:39
真実探求さん、おはようございます。
今回は自分としては最も伝えたい内容でした。
でもそういった記事はあまり理解されません。
世間とのズレを感じます(笑)。
すごく本質的な話!と言っていただいて嬉しいです。

こういう記事は普通にネットから得ています。
まずは自分の伝えたいテーマを決めます。
そしてそれに近い内容の記事を検索して集めます。
それをいくつか組み合わせて、自分の考える結論に誘導します。
今回の場合は酸素に関する記事と、電子に関する記事を組み合わせて、酸素と電子を大量に与えるとケガや病気が早く治る事実を伝えたかったのです。
ミトコンドリアに大量のATPを作ってもらえば、自然治癒力が高まってケガも病気も治る事実を伝えたかったのです。
ATPこそが自然治癒力そのものです。
細胞を修復できるのはATPであり、傷ついた細胞や病んだ細胞には、いつもより大量のATPが必要になるのです。

ミトコンドリアを元気にするのに、新しい化合物など必要ありません。
むしろ邪魔なだけです。
酸素や水素や電子やビタミンやクエン酸や硫黄や鉄やマグネシウムなどの当たり前に地球にある物質が、ミトコンドリアを活性化し、病気やケガを治します。
ミトコンドリア師匠が喜ぶ環境を作ってやれば、エネルギーに満ち溢れた生活を送れるのです。
鈴森
2017/08/03 06:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
病気もケガも酸素・電子・ATPが早く治す ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる