ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 医者の確証バイアスは猛毒抗癌剤すら正当化する

<<   作成日時 : 2017/10/17 06:55   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

http://www.tachibana.asia/?p=10586
『確証バイアス、そうあってほしい「自己的結論」と戦う理性
自分の好きなもの、信じていること、やりたいこと、慣れ親しんでいる価値観(世界観)、希望的観測(そうあってほしい)などなど、固定観念、あるいは「自己的結論」で一括りしようか。
そうした「自己的結論」を検証するために、確証バイアスを生み出す。

見たいものだけを見て、聞きたいものだけを聞くという状況を作り出すことである。
結果・結論ありきで、その「自己的結論」を裏付ける情報を選択的に選び、自分に、「これは確証できる」と言い聞かせる。
逆に、その「自己的結論」に反証となるような証拠を無視したり、探そうとも見ようともしない。

まず、「でも」族からの脱出。
自分が好きではない、見たくない、聞きたくない、そうあってほしくない事実や情報、観点に対し、まず「でも・・・」と反論から切り出す。
その「でも」というのは、せっかくの反証を自ら抹殺する愚行であり、まさに確証バイアスの典型的な症状である。』

http://www.avocado-fes-thought.com/confirmationBias.html
『確証バイアスとはー自己肯定や社会肯定の根幹ー
確証バイアスとは自分が支持している考え、世の中に広く受け入れられている考えなどを“正しいという前提のもとで”物事を考えてしまいやすい人間の傾向のことです。

・医者は一度患者に対して診断結果を下すと、以後はその診断が正しいとの前提で治療を進める
・広く世間に受け入れられている考えに反することを述べると、確証バイアスに掛かっている多くの人から信用してもらえず多くのバッシングを受ける

このように確証バイアスによって、私たちは自分が信じていたり正しいと思っている出来事を無意識のうちにひいきしてしまいます。
逆に自分の考えに背くような情報に接したり出来事を経験すると、批判的になったり無視したりしてしまうのです。
そもそも自分の考えに背くような考えを自然と避ける傾向になります。』

http://www.avocado-fes-thought.com/confirmationBiasToDoctors.html
『確証バイアスと医者ー誤診の裏に自信ありー
医者に確証バイアスが働いてしまうと、自信満々に下した診断を正しいという前提で患者に治療を施してしまうのです。
そのためもし最初の診断が本当は間違っていたとしても、それに気づかないままに最初の診断に固執してしまい、患者に誤った治療を施してしまう可能性があるのです。

こうした医者に働く心理的な問題から言えることは、やはり患者一人一人が医者という専門家を絶対的な存在だと思い過ぎないことの大切さです。』

https://plaza.rakuten.co.jp/ommanipadmehum/diary/201102100000/
『抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。

「抗ガン剤・多剤投与グループほど“命に関わる副作用”は7〜10倍」
「腫瘍が縮んでも5〜8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍が縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・
と現代の治療“常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤で患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

1988年のNCIリポート「ガンの病因学」で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。」
なんと抗癌剤は実は増癌剤だというのか!

なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。』

確証バイアス。
最も厄介な人間の性質。
自分が好きでない、見たくない、聞きたくない、そうあってほしくない事実や情報、観点に対して、無視や批判を繰り返す。
「自己的結論」に反証となるような証拠を無視したり、探そうとも見ようともしない。
日本の医者の多くは、この愚かな“確証バイアス”によって、罪悪感無く抗癌剤という猛毒で、多くの患者を殺しまくっています。
自分が支持している考えや、世間に広く受け入れられている考えは絶対に正しいのだ!と科学的な根拠も無く妄信しているのです。
自分たち医学界に在籍する人間たちが、“金儲けの為にガン患者を抗癌剤で殺し続けてガンを恐怖の難病・死病にしてしまっている!”という事実を絶対に認めようとしません。
そんな真実の情報を見ようともしないのです。
自分たちがソンをする情報は、徹底的に無視する様に仕向けられているのです。
医学界の中枢にいる極悪人たちは、こんな人間の性質を利用して、末端の医者たちを“人類史上最悪の殺人者”に仕立て上げているのです。

ナイトロジェンマスタード・シクロホスファミド・マスタードガスという人を殺す為の猛毒に、抗がん剤という名前を付ければ、ガンの特効薬になる!
増ガン剤・最悪の発ガン物質であるマスタードガスでガンが治る!
あまりにバカすぎる!
冷静に考えれば、それが“最悪な詐欺”であることは誰にでもわかる筈です。
しかし日本の医者の多くは、それがわからない。
現実に抗がん剤を投与すればするほど、ガン患者は苦しみながら死んでいく現実を何百回見ても、真実に気付かない。
利己的な“確証バイアス”に凝り固まっているからです。
ガンビジネスとは、抗がん剤や放射線被曝によってガン患者を衰弱させて数ヶ月で殺し、ガンで死んだ!と信じ込ませる殺人詐欺ビジネスです。
酸素や電子を与えて細胞や血液を還元すれば治る病気なのに、意図的に治療と称する拷問で殺している詐欺なのです。
サイコパスの多い医学界は、絶対にこの事実を認めません。
特に日本の医学界は、世界的にも最悪の殺人医療を推進しています。

人間は必ず“確証バイアス”の影響を受けています。
私自身も、なるべく大局的に物事を判断するように心がけていますが、影響を受けているでしょう。
それほど確証バイアスは、手強いものです。
世間では確証バイアスによって、バカバカしいほどの詐欺的なウソでも、妄信している人が多いです。
人を殺す為に作られた猛毒マスタードガスで、ガンが治る筈がないし、現実に悲惨な状況になっています。
人を殺す為の猛毒である抗癌剤を何十年も使い続けているという事は、最初からガン患者を殺す事が目的であり、それを改める気持ちが全く無いという事です。
普通の感覚を持っていれば、すぐに間違いに気付くはずなのです。
だから医学界・医療業界は、確信犯としてガン患者を殺し続けています。
末端の医者たちは、“確証バイアス”に甘えて、人殺し医療を正当化しています。
しかし自分たちのガンには抗がん剤を使わないので、本当は気付いている筈です。
金儲けの為なら、いくらでも他人を犠牲にできる醜い人間が大勢いるのです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医者の確証バイアスは猛毒抗癌剤すら正当化する ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる