ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ワクチン接種が免疫を破壊!インフルエンザにはジクロロ酢酸+B1

<<   作成日時 : 2017/10/31 06:48   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2052953.html#more
『インフルエンザ・ワクチン接種が免疫システムを破壊・・・科学研究者グループが明らかに

科学研究がインフル注射の真の危険とメディアの隠ぺいを暴露
免疫注射は免疫システムを年々、破壊していくことを発見
【訳者注】季節になると気軽に、インフルエンザの予防接種を受けるようなことをやめよ、という重大な忠告である。
ハーバード大学からも、同じ趣旨の研究結果が発表されている。

科学研究者団は、ビッグファーマ(大製薬業界)が、インフルエンザ・ワクチンの接種を続けることによって、年々、身体の免疫システムが破壊されていくという証拠を、隠ぺいしてきたことが明らかにした。

オハイオ州立大学メディカルセンターの科学者たちは、医学研究を続け、インフルエンザ・ワクチンを受けた女性たちは、その次の年から、免疫システムの反応が弱くなっていることを発見した。
定期的に免疫注射を受ける人々は、ますます病気をするようになるので、もっと注射が必要なのかと考え、注射に頼る傾向が、年々、大きくなっている。
製薬会社はこれらの危険を知っていながら、この注射が引き起こす病気が利益をもたらすので、その証拠を隠ぺいしているらしいことが、分かっている。

この研究は更に、インフル注射産業ーと、その共犯企業の経営するメディアーの公式物語はウソであり、故意に騙そうとしていることを証明している。
絶対安全に保護するどころか、インフル注射は現実に、人々をよりインフルエンザに罹りやすくし、当然、より多くの人々をインフルエンザに罹らせる。』

http://www.google.com/patents/WO2012101846A1?cl=ja
『インフルエンザの治療剤または予防剤
ATPの枯渇を効果的に改善することを作用機序とするインフルエンザ感染症の治療剤または予防剤であって、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン(DADA)、DADAとグルコン酸またはその塩、またはDADAとグルコン酸またはその塩およびビタミンB1類を含有する薬剤。

なお糖代謝改善薬としては、例えば、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン(DADA)、オクトチアミン、ベンフォチアミン、等が知られている。
特にDADAは、糖代謝改善効果の他に、ビタミンB1類(特にベンフォチアミン)およびグルコン酸との組み合わせによる抗疲労効果が知られている。』

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23791180/
『インフルエンザ重症患児で認められる体内代謝破綻の修復を目指す新規治療法の開発

インフルエンザで重症化すると脳症や多臓器不全等を引き起こすが、その詳細な機序は不明である。
そこで申請者らはインフルエンザの重症化モデルマウスを作出し、ウイルス感染試験を実施した結果、全身組織のエネルギー(ATP)の枯渇が認められた。
以上の結果から、本病態の主要因は全身組織のATPの枯渇であることが明確になった。

【学会発表】インフルエンザ感染による重症化と多臓器不全の新治療法の開発
ジクロロ酢酸誘導体による糖代謝改善を基盤としたエネルギー枯渇の回避

重症患者における乳酸値/ATP比(A-LES)の有効性』

http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/550e16665a723f2d6df89f9ba8c94a32
『ジクロロ酢酸の抗がん作用:症例報告

【ジクロロ酢酸はミトコンドリアを活性化してがん細胞の増殖を抑制する】
小児のミトコンドリア病の乳酸アシドーシスの治療薬として古くから使用されており、水に容易に溶解するので、バイオアベイラビリティ(生体利用率)も高い物質です。
移植腫瘍などの動物実験でも、経口投与で抗腫瘍作用が証明されています。』

今回はとても重要な事を書いています。
病気の本質とは何か?なぜ病気が増え続けるのか?なぜ医療費が増大し続けるのか?などを書きます。
病気の本質がわかれば、医学界・医療業界が仕掛ける詐欺商売に引っかからなくなります。
医学界・医療業界は、あの手この手で人々の健康とカネを奪う団体です。
日本の財政は、医学界が仕掛ける詐欺行為によってパンク寸前です。
彼らの術中にハマらないように気をつけてください。

これからインフルエンザの季節がやってきます。
医療業界・マスコミでは、インフルエンザワクチンを打ちましょう!の大合唱です。
製薬会社も病院も医者も大儲けです。
ワクチン詐欺は、笑いの止まらない詐欺ビジネスです。
ワクチンで儲けて、ワクチンの副作用で病人を増やして更に儲けます。
インフルエンザワクチンを打てば打つほど、年々、インフルエンザに罹りやすくなります。
医学界・マスコミは、それを知っていながら隠蔽している。
つまり最初から詐欺なのです。
インフルエンザワクチンは、増インフルエンザ薬だったのです。
抗がん剤が、細胞を更にガン化させる増がん剤であるのと同じ種類の詐欺です。
傷を消毒すればするほど、傷が治りにくくなるのと同じです。
医学界・医療業界の根本は詐欺商売であり、あまりに詐欺治療が多すぎるのです。

ガンとインフルエンザは、まったく違う種類の病気だと思われています。
しかし根本は同じなのです。
ATP(アデノシン三リン酸)の不足、枯渇。
ミトコンドリアがATPを満足に作れなくなる!という共通点があるのです。
これがあらゆる病気・疲労の根本原因です。
病気とはミトコンドリア病であり、ほとんどの現代病は後天性ミトコンドリア病なのです。
何らかの後天的な要因により、ミトコンドリアがATPを作れなくなっているのです。

ジクロロ酢酸は、ピルビン酸をアセチルコエンザイムAに変えるのに必要な栄養素です。
ピルビン酸は、アセチルCoAに変わらないと、ミトコンドリアのクエン酸回路に入れません。
ジクロロ酢酸とビタミンB1は、互いに協力して糖代謝を促進させるのです。
ジクロロ酢酸だけを大量に摂取するとビタミンB1が枯渇するので、必ずベンフォチアミンなどと一緒に摂る必要があります。

ジクロロ酢酸+ビタミンB1は、ガンの特効薬であり、インフルエンザの特効薬であり、ミトコンドリア病の特効薬であり、乳酸アシドーシスの特効薬です。
そしてそれらの予防薬でもあります。
現代人は、糖代謝が上手くいかなくなって現代病になっているのです。
ビタミンやミネラルを剥ぎ取った精製糖質を食べ過ぎているのです。
だから糖代謝を促進させるジクロロ酢酸+ビタミンB1が現代病の特効薬になるのです。
ジクロロ酢酸+ベンフォチアミンは、一部のリゲインなどに含まれています。

欧米では、インフルエンザワクチンを打たないと学校や会社や病院には行かせない!という地域があります。
世界を支配している連中は、ワクチンの強制摂取を目論んでいるのです。
病気や不妊を増やし、ついでに金儲けもしています。
欧米では、ワクチンの強制接種に反対する運動が盛んになっています。
自分の子供を守る為に、母親たちを中心に必死に反対しているのです。
日本もいずれ強制接種になるでしょう。
日本人はその時に、激しい反対運動をしないでしょう。
ほとんどが洗脳された国民なので、ワクチン反対を白い眼で見るでしょう。
そうなれば日本は滅亡します。

インフルエンザ対策は、ワクチンではなく、ジクロロ酢酸+ビタミンB1が有効です。
ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・マグネシウム・鉄・亜鉛・マンガンなども一緒に摂りましょう。
私はビール酵母+ゴマなどで、ジクロロ酢酸を摂っています。
インフルエンザに罹ったら、なるべく糖質を避けて、乳酸アシドーシスの改善に努めましょう。
糖⇔乳酸の代謝を促進し、糖⇔乳酸の原料の摂取を控えれば、早く治る筈です。
陶板浴や温泉や電子水などで、還元力をつけるのもいいかもしれません。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワクチン接種が免疫を破壊!インフルエンザにはジクロロ酢酸+B1 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる