ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS マーコーラ医師も「ガンはミトコンドリアの代謝異常」現代医療は詐欺

<<   作成日時 : 2017/12/26 07:49   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 2

http://japanese.mercola.com/sites/articles/archive/2016/10/19/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF.aspx
『ミトコンドリアと健康
ミトコンドリアの健康への影響は、特にガンにおいて多大であり、ミトコンドリアの代謝活動を最適化すればガンの治療に効果があると私は考え始めています。

●ミトコンドリアの代謝活動を最適化する重要性
ミトコンドリアの機能は体内で起こる活動の心臓部であり、ミトコンドリアにとって必要な栄養素や前駆体を適度に摂取し、ミトコンドリアの機能が最適化されて機能不全を予防できれば、健康や病気予防に大きく役立ちます。
例えば、ガン細胞の普遍的な特徴として、正しく機能するミトコンドリアの数が著しく減少することによる深刻な機能不全があります。
化学博士であるOtto Warburg医師は、Albert Einsteinの旧友でした。
Warburg医師は専門家の間では、20世紀の偉大な生化学者として著名です。
ガン細胞のエネルギー源がグルコースであることを発見、1931年にノーベル賞を受賞しました。
「Warburg効果」と呼ばれる現象ですが、悲しいことに、今日までほとんどの専門家に実質無視され続けてきたのです。
ケトン食療法でミトコンドリアの健康を改善すれば、多くのガン、特に3‐ブロモピルビン酸などのグルコース発酵毒が関わるガンに効果があると私は強く信じています。

●ミトコンドリアに栄養を与える
・コエンザイムQ10、ユビキノール(誘導体)
・L-カルニチン。脂肪酸をミトコンドリアに運びます。
・D-リボース。ATPの原料です。
・マグネシウム。
・オメガ‐3脂肪酸
・リボフラビン、チアミン、ビタミンB6などのビタミンB群。
・α‐リポ酸(ALA)』

http://japanese.mercola.com/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9%E5%8C%BB%E5%B8%AB.aspx
『マーコーラ医師
ご自分の健康を維持、改善し、再構築する時、誰を信頼すべきか考えることは賢明です。
健康に関するアドバイスを提供するすべてのウェブサイト、新聞、雑誌および他の出版物、すべての「奇跡の薬」に関する何百万ドルも費用の掛かったTV広告、従来の医学に基づく医師、自然医学を支持する医者からのあらゆる推奨、これらすべてについて、「彼らの本当の動機とは何か?」という質問の答えを探すことが一番重要です。

その答えに安心感がある場合にだけ、「彼らに資格はあるか?」という次の重要な質問に進みましょう。
既存の医療機関の基本的なトリックはその最初の質問−彼らの本当の動機についての質問−を、輝かしく信頼できそうな資格で目をくらませてあなたに忘れさせることです。

しかし、大分バイアスのかかった「研究者」による臨床試験、広告、あなたを怖がらせて信じさせるよう巧妙に台本の書かれたニュース記事、洗練された企業のオフィスや企業のウェブサイト、そして金儲けの可能性への極端な偏重−人命を救助するあるいは生活を改善する可能性ではなく−は信頼すべき資格ではありません。
それらは詐欺です。
騙されないでください。』

http://japanese.mercola.com/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0.aspx
『Mercola.comの使命は、アメリカの伝統的な医療の体系を改革し、病状に対処する医療から、病気の根本に働きかける医療にすることです。

様々な組織の協力を得て、遺伝子組み換え食品の表示、水道水に添加されたフッ化物の除去、歯科で詰め物に利用される水銀の廃止、ワクチン接種の際の選択権と同意の奨励など、健康にかかわる自由を追求します。

何十億ものお金が、病気に処置するという現在のシステムに費やされてきたにもかかわらず、アメリカ人は過去にないほど病気を抱えています。
慢性病の原因のほとんどが食生活とライフスタイルを変えることで改善します。』

現代医学・現代医療は“詐欺”!
あまりに詐欺的要素が強すぎる。
医学界の目的は、世界中に病気を蔓延させて、莫大なカネを儲け続ける事です。
ほとんどの医者はこの事実に気付いても、それを黙殺します。
それを暴いても医者は得しないし、批判されることを恐れて黙っているのです。
多くの医者は、自分たちさえ得すれば、多くの人が犠牲になっても仕方が無いと考えます。
このバカ医者クズ医者のエゴイズムが、医療の改善を邪魔しています。
しかし良識ある一部の医師は、医学界の詐欺的医療を糾弾し、多くの人を救おうと奔走します。
医者が、人類の敵・人類の裏切り者・人類のガン・人類の恥であることに我慢ができない崇高な医師は、病気の本質を暴き出し、それを多くの人に伝えようとするのです。
マーコーラ医師も、そんな崇高な医師の一人です。

ミトコンドリア機能不全が、ガンや様々な慢性病の根本原因です。
ミトコンドリアがATPを作れなくなることが、病気であり、その延長線上に“死”があります。
ミトコンドリア機能不全の原因は、ミトコンドリアにとって必要な物質の欠乏です。
酸素・水素・電子・ビタミン・ミネラル・ジクロロ酢酸・α‐リポ酸・クエン酸などが欠乏すると、ATPが作れなくなります。
そしてワクチンや歯の詰め物などに仕込まれている、水銀やアルミやフッ素などの有害物質の摂取も、ミトコンドリア機能不全の原因です。
つまり必要な物質の欠如と、有害な物質の摂取が、ミトコンドリア病であるガン・慢性病の原因です。
必要な物質の摂取と、有害な物質の排除が、病気の予防・治療の王道です。
医学界はビタミンやミネラルの摂取を軽視し、有害な物質(毒薬)の摂取を推進させる詐欺的集団に成り下がっています。

現代病の正体は、後天性ミトコンドリア病・乳酸アシドーシス・慢性炎症です。
何らかの原因でミトコンドリアがATPを作れなくなり、乳酸が過剰に蓄積されて、血液が酸性に傾き、身体の一部で慢性炎症を引き起こしているのが、ガンなどの現代病の正体です。
オットー・ウォーバーグ医師の「Warburg効果」こそが、現代病の正体を暴くカギになります。
日本でも欧米でも、良識ある医師はこの事実に気付き、それを広く伝えようとしています。
しかし新聞やTVなどで、この事実が語られる事は規制されているので伝わりません。
ネットや書籍などで細々と伝えられるだけになっています。
だから現代病の本質に気付いた人は、本当にラッキーなのです。
医学界の洗脳から覚醒できたという事は、大きな宝物なのです。
間違った常識に洗脳されている人が大半のこの日本で、真実に気付き、本当の病気の予防法や治療法を知った人は、ごく少数なのです。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして‼
いつも素晴らしい記事を読ませていただいております‼ぜひ質問をさせていただきたいですが、
ミトコンドリアを活性化してくれる物のひとつとして、陶板浴があると思います。その陶板浴に使われている抗酸化溶液について調べても科学的根拠が全く書かれていません。なのでもしかしたらプラシーボ効果なのではないか?と疑問に思いました。
私は陶板浴が好きでよく通っています。そして好きなのでもっと陶板浴の仕組みや、なぜ抗酸化できるのかを知りたいと思いました。しかしいざ調べても根拠がないので少し不安になりました。
なのでもしよろしければそのことについてお考えを頂戴できればと思っています。
もつ
2017/12/30 08:22
もつさん、おはようございます。
陶板浴はなぜ病気の予防や治療に役立つのか?
陶板浴ではなぜ食材が腐らないのか?
陶板浴で8000人のガンが治った!(抗がん剤や放射線治療をやっていない人に限る)という人もいます。
実は陶板浴からは大量のテラヘルツ波が出ています。
テラヘルツ波は生命光線・育成光線などと呼ばれる電磁波で、自然界のあらゆる生命や物質から放射・吸収されているそうです。
陶板浴は特にテラヘルツ波を多く放射しているので、ミトコンドリアを活性化するようです。
量子波ドームや中松博士の「がんがんロボット」やバイオラバーなどもガンを治す事で有名ですが、これらもすべて大量のテラヘルツ波を放射しているからだ!と言われています。
金属や陶器やカーボンや鉱石の中にはテラへツル波を大量に放射する物がありますが、それらを効率的に組み合わせると、病気を治すほどの効果があるようです。

「なぜこれほど多くの病いと不調が【テラヘルツ量子波エネルギー】で消えてしまうのか」佐藤清著という本を読むと詳しく書いてあります。
UP1陶板浴のサイトでも、テラヘルツ波について書いてありますのでご覧になってください。

病気とは血液が酸性に傾く(血液中の電子が失われる)事です。
テラヘルツ波は血液に吸収されやすい電磁波なので、点滴などをしなくても血液を還元(電子を与える事)してくれます。
大量のテラヘルツ波を浴びることが、最も簡単に病状を改善する事につながります。
あまりに簡単すぎて、医学界・医療業界からはタブー扱いされているようです。
鈴森
2017/12/31 07:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
マーコーラ医師も「ガンはミトコンドリアの代謝異常」現代医療は詐欺 ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる