ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪玉コレステロールの高い人ほど長生き!スタチンは寿命を縮める

<<   作成日時 : 2018/05/15 07:20   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

https://indeep.jp/statin-is-nothing/
『BMJの医学論文「悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きだった」
これにより世界で最も処方されているコレステロール薬スタチンが無意味か、あるいは「人の短命化に貢献している」可能性が判明

WHOさえもインフルエンザの治療ガイドラインから永久に削除することを決めた「タミフル」がなぜ日本ではいまだに処方され続けるのか

最新の研究:高コレステロール症という病態は実際には捏造されたものなのか?
スタチンは無用の長物?
「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に掲載された最新の研究は、現在の医療界が推奨する高コレステロール治療を永久に棺の中に閉じ込めてしまうものかもしれない。

スタチンは世界で最も処方されている薬物の一つだが、コレステロール値が高い人たちがスタチン系薬物を使用することによって、若者の糖尿病発症、白内障のリスク増大、あるいは、高齢者のがんの増加や神経変性疾患(パーキンソン病やアルツハイマー病など)のリスクを有意に増加させることが最近の研究で報告された。

この論文を書いたアイルランドの医学者たちは、
「スタチンの処方は、医学的な茶番だ」
とまで述べていて、どうやら一部の医学者たちにとって、コレステロールの薬というのは、典型的に「百害あって一利なし」のもののようです。

体に良いものである可能性が高い悪玉コレステロールを下げるという効果自体も良いものではなさそうですが、それに加えて、先ほどのような「糖尿病、白内障、ガン、パーキンソン病、アルツハイマー病の増加」をもたらすとなると、服用すること自体が自虐の世界であり、「一体何のために服用しているのだろう」という形而上的な思いもよぎりますけれど、日本でもアメリカでも何百万人という人が毎日これを飲んでいて、そして、健康リスクを増大させ続けているという現実もあります。』

http://www.mag2.com/p/news/242123
『嘘だらけのコレステロール基準値、なぜ病院は見直しに反対なのか?

武田教授は、病院や製薬会社の利権でしかない「コレステロールの嘘」が明かになったことは良いが、医師が「適正な血圧」を答えられなくなったり、コレステロールを減らしたためにガンや認知症が増えるなど、多くの問題点が残されたままになっているとの持論を展開しています。

8年ほど前の厚労省内部の検討会では「コレステロールの基準を高くすべきではないか」との意見に対して、病院側から「薬が出せなくなり病院経営が破綻する」との反対意見が出ていました。
言うまでも無く、医療は病院の経営のために(いやらしく言えば、医者のゴルフ代のために)存在するものではなく、国民の健康のためですから、必要も無い規制をして薬を売り、病院経営を成り立たせるなどは論外ですが、このような議論が非公式にせよ、国の会合レベルで出ることに問題があります。』

http://www.quesa.org/developer/apiref/MasterTOC.html
『スタチンとコエンザイムQ10の関係

・スタチンがコエンザイムQ10に与える影響とは
実はスタチン製剤はコレステロールだけでなく、コエンザイムQ10も減少させてしまうのです。

・スタチンのもつ副作用とは
スタチン製剤はコレステロールだけでなく、コレステロールに近い成分のビタミンD、性ホルモン全般やコルチゾンなどにも影響を与えるといわれています。
さらに、スタチン製剤にはさまざまな副作用があることが知られています。
・筋肉障害
・貧血
・性機能障害
・免疫低下
・すい臓または肝機能障害

・スタチンとコエンザイムQ10の関係性
コエンザイムQ10は、電子伝達系における補酵素として、体内のエネルギー単位である「ATP(アデノシン三リン酸)」の生成に関わっています。
心臓や肝臓など、多くのエネルギーを要する器官が正常に機能するには、さらに多くのコエンザイムQ10が必要です。』

現代医学・現代医療の本質は“詐欺”です。
医学界の最も大切な仕事は、ウソをつくことです。
人類全体をダマして、身体に害のある毒薬を売りつけて大儲けしているのが実情です。
毒ワクチンや猛毒抗がん剤や毒スタチンや毒タミフルを売りつけているのです。
予防接種や健康診断と称して、健康な人に毒を投与して本物の病人に変えているのです。
特に日本の医学界は最凶最悪に悪質です。
世界中で有害であることがバレてきて売れなくなっている抗がん剤やスタチンやワクチンやタミフルなどを、日本の医者は喜んで大量に処方し続けています。
健康な人をダマしてスタチンを飲ませ続け、免疫力を低下させてガン患者に仕立て上げ、手術や抗がん剤などで大儲けしています。
日本の医学界は、世界一の人殺し詐欺医療のメッカです。

スタチン処方の目的は、ミトコンドリアの弱体化です。
ミトコンドリアの働きが悪くなれば、人間は必ず病気になります。
ミトコンドリア機能不全が、ガンや脳疾患や心臓病や肝臓病や慢性疲労や筋肉障害の根本原因です。
スタチンによってコエンザイムQ10(ユビキノン)の生成が阻害されると、電子伝達系で電子が運ばれなくなるので、ATPの生産が停滞します。
ATP不足があらゆる病気の根本原因なので、あらゆる不具合が出てしまうのです。
さらにスタチンは、重要なビタミンDまでも阻害します。
コエンザイムQ10やビタミンDが不足した人間が、健康に生きることは出来ないのです。
コレステロール値の高い人ほど長生きなのに、コレステロール・コエンザイムQ10・ビタミンDを破壊するスタチン。
医学界は、世界中に病気を蔓延させるためには手段を選ばないのです。

スタチンは百害あって一利なし!
スタチンは病気を治す薬ではなく、病気を作り悪化させる猛毒!
その事実がわかっても日本のバカ医者・クズ医者たちは、スタチンの処方を止めません。
自分たちの利益が減ってしまうからです。
他人の痛みや苦しみが全く理解できないサイコパスたち。
自分たちが贅沢な暮らしが出来るのなら、他人を犠牲にすることなど何とも思わないのです。
日本の医者は世界で最もモラルの低いゲス医者です。
世界中の毒薬が日本に集まってきています。
日本は最悪な毒薬の最終在庫処分場なのです。
他人の金儲けのために自分の健康を犠牲にして、金を貢ぐ必要はありません。
ミトコンドリアがATPを作れなくなるような毒薬は、毅然とした態度で拒否しましょう。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪玉コレステロールの高い人ほど長生き!スタチンは寿命を縮める ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる