ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!

<<   作成日時 : 2014/02/03 06:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

http://www.f-gtc.or.jp/ketogenic-diet.html
「がん細胞の代謝異常をターゲットにした治療が注目されている」
「ケトン体を増やせばがん細胞は死滅する」
「インスリンの分泌を減らせばがん細胞の増殖は止まる」
「糖質を制限すれば高脂肪食でもがんを促進しない」
「絶食と同じ効果があるケトン食」
「ケトン食は安全な食事療法」
「ケトン食でがんが縮小する臨床報告が増えている」
「ケトン食療法は進行がんに対しても安全で有効」
「ピルビン酸脱水素酵素を活性化するジクロロ酢酸ナトリウム」
「R体αリポ酸」

「ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!」の著者である福田一典医師は、銀座東京クリニックの院長で、ガン細胞の代謝異常をターゲットにしたガン治療の第一人者です。
崎谷医師、西脇医師と同じで、ビタミン・ミネラル不足の糖質過剰が、ガン・慢性病の元凶であることを主張しています。
ガン細胞の主なエサがブドウ糖(グルコース)であることは常識なので、ブドウ糖を絶てばガン細胞はエネルギー源を絶たれ、縮小するのは当然なのです。
この当然な事が隠蔽され、デタラメな詐欺的殺人ガン治療が横行し、製薬会社・医者がボロ儲けするシステムになっています。

「絶食と同じような効果があって体力も栄養状態も悪化させない食事療法としてケトン食があります。」
正常細胞はケトン体を使ってATPを作ることができますが、ガン細胞はケトン体を利用できません。
つまりミトコンドリアはケトン体をエネルギー源として利用できますが、解糖系はケトン体を利用できないということです。
ケトン体は酸性物質ですが、ミトコンドリアがケトン体をATPに変えられるので、身体が酸性に傾かないようです。
糖質制限食の第一人者である江部医師は、スーパー糖質制限食を実践してケトン体の値が高いのですが、血液のpHは7.45で充分な弱アルカリ性でした。
病気産業は、長年ケトン体にマイナスイメージを植え付け、最近は乳酸にプラスのイメージを与えようとしています。
病気産業は、得意の捏造論文で物事の本質をすり替えているのです。

ブドウ糖・乳酸も、ビタミン・ビタミン様物質・ミネラル・アミノ酸などが充分にあれば、ミトコンドリアが利用できるので身体にはプラスに働きます。
しかしガン・糖尿病などを早く治したいなら、徹底的な断糖(糖質制限)をすべきです。
ブドウ糖→ピルビン酸→乳酸が、慢性病の諸悪の根源であることは明らかです。
ケトン体のようにミトコンドリアが利用できる物質であれば、身体に良い影響を与えます。
結局は、ミトコンドリアが喜ぶ環境を作ってやればいいのです。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鈴森さん、お久しぶりです。ブログは毎日チェックしていましたよ。質問ですが、昔の人(かなり漠然ですが)は、いわゆる粗食でしたよね、結核とかで亡くなる人も多かったです。糖質の摂取も少なかったと思うのですが、全体的な栄養素の不足によるものですか?この場合、どんな栄養素が足りなかったのでしょうか?子どもの担任が、クラスでまず最初にインフルに罹りまして、鈴森さんのご教授通り、栄養素の不足と、糖質の過剰摂取を指摘させていただきましたところ、「米命!」と申しておりました。今月結婚式を控えている先生は、メタボ体系の糖質体質そのものでした。^^
ちゅん
2014/02/03 15:02
ちゅんさん、こんばんは。
昔がいつの時代か定かではありませんが、江戸時代から白米を食べる人が増えてきました。
衛生状態が悪くて感染症にかかる人も多かったと思いますが、やはりビタミンB群やミネラルなどが不足して、脚気などの乳酸アシドーシス系の病気になりやすかったと思います。
インフルエンザの予防・治療には、ジクロロ酢酸・ビタミンB1などのビタミンB群、ビタミンC・D3が効果があります。
ただ他人を説得するのは難しいと思います。
間違った常識を植え付けられている人たちは、どんなに正論をぶつけても無駄に終わるケースが多いです。
製薬会社や医者の言う事を妄信する人達が、日本は特に多いようです。
病気の本質を理解していない人達は、理詰めの予防・治療法よりも、何も考えずに権威ある詐欺師たちの口車に乗ります。
医療の矛盾に気付いた人達は、現代医学の信者に戻ることは無いのですが、矛盾を感じない人たちは、これからも病気産業のカモにされ続けるでしょう。
気の毒ですから救いたいと思うのが人情ですが、被害者本人が変わらなければ、どうすることもできません。
結局は自分の身は自分で守るしかないのですが、依存心の強い人間を大量に育てている日本では、健康も他人に依存し、結果的に金と健康の両方を奪われています。

鈴森
2014/02/03 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する! ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる