重曹でガンが治る理由

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2
「血液 緩衝・平衡」
「血液のpHは7.35から7.45の間で厳密に調整されている。」
「血液のpHは、主に炭酸水素イオン(アルカリ性)と炭酸(酸性)の比によって決まる(緩衝液)。
炭酸水素イオンが減るか、もしくは炭酸が増えると血液は酸性に傾く事になる。」

ガンは乳酸によって、血液が酸性に傾いた病気です。(乳酸アシドーシス)
酸性に傾いていると言うことは、血液中の炭酸水素イオンが減少した状態です。
重曹液には、炭酸水素イオンが大量に含まれています。
重曹液の点滴(メイロン点滴)の目的は、酸性に傾いて炭酸水素イオンが減少した血液に、炭酸水素イオンを補充して、pH7.35から7.45の正常値に戻すことです。
重曹液の点滴で乳酸アシドーシスを治すことによって、ガンを治しているのです。
ただしメイロン点滴だけでは、ガンは治りません。
乳酸アシドーシスを治すには、最低でも重曹+ビタミンB1が必要です。
ビタミンC・ビタミンB群・ジクロロ酢酸・α-リポ酸・グルタチオン・マグネシウムなどを加えると、より治癒率が上がります。
糖→乳酸をこれ以上増やさないためにも、断糖療法(スーパー糖質制限食)も欠かせません。
ガン治療の基本は、まず第一に糖代謝異常の乳酸アシドーシスを治すことです。

http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/31835380.html
「5%の重曹を500mlの水に溶かして、一時間かけて静脈注射します。
一週間のうち6日行います。
がん細胞に直接に注入できるような場合は、がん細胞に直接注入します。
ビタミンCの大量注射(100g)を、重曹の注射と一週間おきにします。
つまり、1週目は重曹、2週目はビタミンCで、この2週を1サイクルとします。
ドクター・シモンチーニによると、これを3サイクル行うと、ほとんどのがんは治ってしまうということです。」

http://simoncini-cancer-center.com/ja/jp_home
「シモンチーニ・ガンセンター」
「シモンチーニ・プロトコール」
シモンチーニ・プロトコールは企業秘密です。
シモンチーニは、重曹だけでガンを治しているようなイメージを持たれていますが、実際は違います。
おそらくシモンチーニ特性のマイヤーズ・カクテルのようなものも点滴しているはずです。

ハタイクリニックの西脇医師は、断糖療法・ビタミンC点滴・マイヤーズカクテルでガンを治しています。
アルバータ大学はジクロロ酢酸(ビタミンB15)でガンを治しています。
岡崎公彦医師は、ビオトーワ(ベンフォチアミン・活性持続型ビタミンB1)でガンを治しています。
銀座東京クリニックの福田医師は、ジクロロ酢酸・α-リポ酸・ビタミンB1でガンを治しています。
これらの共通点を理解すれば、ガン予防・ガン治療の方向性が見えてきます。
ガンはミトコンドリア関連疾患であり、糖代謝異常の乳酸アシドーシスを治す事を優先すべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック