タカダイオンでガンが消えた!

http://www.gokubi.net/taiken_gan.php
『「肺がんになりました」56歳男性(会社員)
去年の会社の定期健康診断で引っかかり、精密検査の結果「肺がん」ステージ2でした。
そんな折に電子負荷療法「タカダイオン」というものを知り、早速導入してみました。
医者からは手術を急かされていましたが粘り強く1ヶ月待ってもらいました。
1ヶ月後、診断結果を聞いて仰天しました。
腫瘍マーカーの値が改善していたそうです。
僕以上に担当医の方が驚いていたようです。
これを機に毎日継続的に使用し4ヶ月目には問題ない数値まで改善しました。』

http://www.gokubi.net/kaifuu.php
「今注目の【タカダイオン】その開封から使用開始まで!」

「タカダイオンでガンが治る!」とは言えない国、ニッポン。
「福島県では被曝の影響で鼻血を出す人が急増!」と言えば叩かれる。
「pH5.7の酸性液に30分漬けただけでSTAP細胞が作れた。
STAP細胞はガン細胞発生の秘密を解くカギになる!」と言えば叩かれる。
「福島県では子供の甲状腺ガンが50人に急増!」という事実にも、「被曝との関連は考えられない!」という見解が出される。
本当の事が言えない国、ニッポン。

肺ガンになった56歳の男性は、4ヵ月間タカダイオンを使って実際にガンが治ったのでしょう。
タカダイオンと同時に、食事療法や栄養療法もやったかもしれません。
酸化した細胞を電子で還元すれば、ガンが治る。
糖質制限・栄養療法に加えて、水素水・水素風呂やタカダイオンをやれば、より効果的です。
酸化を還元、失った電子を付加すれば、ガン・慢性病は治る。
これが物事の道理です。

日本ではガンと診断されると、手術・抗ガン剤・放射線被曝をやるように医者にそそのかされます。
酸化した細胞・身体・血液を、更に酸化させる3大療法が主流です。
そこには正義はありません。
ただ単に患者を犠牲にして金儲けに走るエゴしかありません。
ガンに対する恐怖心を維持させ、未来永劫、製薬会社や医者がぼろ儲けし続ける環境を維持する為に、3大療法が使われ続けるのです。

抗ガン剤(殺人兵器マスタードガス)で身体をボロボロにされた人は、ガンは治りにくくなると思います。
医者に悪質なガン治療を強要されて、衰弱しきっている人は大勢いるはずです。
食事療法・栄養療法・水素療法・還元電子療法をしている医師を、早く見つけ出せるといいのですが。
私はガンと診断されても3大療法はやりません。
3大療法をしなければ、酸化還元療法で簡単に治ると思っているからです。
そして何よりも予防の為に、酸化しない生活を心がけるのが1番だと思います。



この記事へのコメント

コメント番長
2017年09月02日 11:03
こんにちは。
タカダイオンとAWG周波機の違いをしりたいです。
似ているように思うのですが、AWG周波機は、あまりにも効くので、権力者に潰されたらいしです。
タカダイオンとAWG周波機の違いを検証して下さい。
鈴森
2017年09月03日 06:55
コメント番長さん、おはようございます。
タカダイオンもAWGも、様々な病気を改善してしまう電子付加治療器です。
タカダイオンは直流式で、AWGは交流式です。
タカダイオンは周波数が一定ですが、AWGは69種類の周波数を使い分けて病気を治すようです。
それがAWGの優位性かもしれません。

松浦博士はAWGを使って浜松でガンや様々な慢性病を治していたようです。
それで当局に目を付けられて警察に拘束され、様々なデータや何百台ものAWGが破棄されてしまったそうです。
結局は無罪となりますが、相当なダメージでした。
医学界の目的は毒薬を高い値段で売って病気を蔓延させることですから、電子付加治療器は邪魔なだけです。
タカダイオンは、その辺はうまくやっているようです。

究極ザッパーやMiエナジーやプラズマパルサーやスーパーわかばなど、優れた治療器は色々とあります。
数万円から数百万円まで値段はかなり違いますが、私のイメージとしては値段ほどの差はないように感じます。
とにかく目立つと潰されるので、ひっそりと病気を治す存在でいるしかないでしょうね。

この記事へのトラックバック