全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表・松藤美加

http://www.youtube.com/watch?v=eyJ4WZ7MfJk
『全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表 松藤美加
みかりんのささやき~子宮頸がんワクチン被害のブログ~』

これは娘さんが、子宮頸がんワクチン「サーバリックス」によってミトコンドリア病にさせられてしまった松藤美加さんが、ワクチンの恐ろしさを語っている映像です。
健康で利発な中学1年のお嬢さんが、毒ワクチンによって大切な人生を狂わされてしまう様子が語られています。
子宮頸がんワクチン被害者の苦しみ、その家族の苦しみは想像以上です。
ワクチンに仕込まれたアルミによって、健康な人間がここまで酷い状態にされてしまうのか、という事が切々と語られています。
有害金属でミトコンドリア機能不全細胞を増やされると、急激に身体中の機能がおかしくなります。
脳も神経も筋肉も破壊され、身体中に耐えきれないほどの痛みが襲います。
お嬢さんの苦しみは凄まじく、それを介護する母の苦しみは、それと同等です。

子宮頸がんワクチン被害で病院に行っても、無知で傲慢な医者たちは、ただ言葉で被害者たちを傷付けるだけで、有効な治療ができません。
ワクチンによって重篤な病状が出ているのに、それが理解できない、認めたくないといった様子がハッキリとわかります。
ワクチン=毒であり、多くの被害者を出している現実を否定したがります。
詐欺医学の片棒を担いでいる本人たちは、現代医療の主流が、最悪な詐欺医療であることを認めたがらないのです。
自分たちが、詐欺師・泥棒・人殺し以上の存在であることを知らないし、知りたくないのです。

日本の間違った医療による被害者は大勢います。
加害者がいるから、被害者が出るのです。
日本の医者の多くは加害者なのですから、その現実を真摯に見つめて、加害者であることを止めてもらいたい。
予防接種や健康診断で病人を作らなければ、高収入で贅沢な生活を維持できない!
自分たちの醜い欲望の為に、大勢の人間を犠牲にする生き方を改めて欲しい。
法に触れなければ何をしても許される、という考えは捨てて欲しいです。

松藤美加さんが語っているような事実は、マスコミにはあまり流されません。
ワクチンの有害さは、なるべく隠蔽されるような社会システムになっています。
薬・ワクチンで病気が作られる事実は、ハッキリとは知らされないようになっています。
エボラ出血熱のパンデミック詐欺が仕掛けられ、タイミング良くエボラワクチンが出てくるでしょう。
毒ワクチンで被害に合っても、それはすべてウイルスのせいにされます。
ガン患者が抗がん剤で死んでも、ガンで死んだ事にされているのと同じです。
スペイン風邪の再来になるのでは、と危惧しています。

税金を使って世界中から忌み嫌われた有害なワクチンを買い上げ、多くの少女たちを病気にさせる国、日本。
震災のショックで冷静さを失っている時にワクチンCMを流しまくり、まるで周到に計画されていたかの様です。
そして誰も責任を取らない。
「被害少女は暗示にかかりやすいんじゃないの?学校に行きたくないだけじゃないの?」
暴言を吐くだけで、何もわかっていない医者が多い日本では、まるで被害者が悪いかのような扱いを受けるようです。
自分たちの落ち度を認めたくないばかりに、被害者に責任を押し付ける加害者たち。
もう人間だとは思えない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ちゅん
2014年10月15日 17:33
鈴森さん、こんばんは。
今日、職場でインフルエンザワクチン接種希望者の受付がありました。勿論、今年は「×」にしました。すると、途端に非難の嵐でした。「医療従事者である人間が罹ったらどうなるか!!」と医療従事者にあるまじき行為だとばかりに。
だから特に今年は罹患しないよう体調管理に気を付けます!^^
タカダイオンに重曹、エビオス錠etc。。あれ!?いつの間にか我が家に常備してあるな~。
今まで何の疑問も持たず、今の医療を正当化していました。今ではここに身を置くのが辛いです。。


鈴森
2014年10月15日 18:57
ちゅんさん、こんばんは。
職場ではご苦労されているのですね。
ワクチンは正しいという前提で病院が成り立っているので、それに逆らう人には風当たりが強いのですね。
インフルエンザは、乳酸などで身体が酸化して免疫力が低い人がかかりやすく、重症化しやすいです。
糖質制限やジクロロ酢酸やビタミンB群やタカダイオンで、今年は防いでみてください。
病院の関係者を説得しようとしても無理なので、他の人には言うだけ無駄です。
今の医療がおかしいと疑問を感じ、自分で答えを探そうとする人しか、洗脳は解けません。
人は自ら変えようとしない限り、変わらないのです。
ちゅんさんのように正しい答えを探し出す医療従事者は稀です。
悲しい事ですが、現実に満足している医者たちは、間違った医療を正しい方向に変える気が無いのです。

この記事へのトラックバック