ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ミトコンドリアが正常でいられる食事法は全て支持!

<<   作成日時 : 2015/03/31 08:18   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 6

http://kikkenlab.blog.fc2.com/blog-category-4.html
『基礎医学教育研究会
解糖系
・糖をふたつに割る反応
細胞が好物にしているブドウ糖はエネルギーの塊だ。
ミトコンドリアは、そのエネルギーの大半を、使い回しの利く、いくつものアデノシン三リン酸(ATP)に移し替える。
だけど意外なことにブドウ糖そのままはカタチが悪くて、ミトコンドリアの口には合わない。
まず「解糖系」という反応で、ブドウ糖を半分に割ってしまうことが必要だ。

・細胞の薪割
ブドウ糖は炭水化物の代表だ。
細胞に取り込むには特別の仕組みが必要だったように、基本的に生体膜そのものは炭水化物を通さない。
ミトコンドリアの膜もブドウ糖とは相性がよくない。
ブドウ糖は半分に割って、2分子のピルビン酸という有機酸にする。
ミトコンドリアをエネルギーを燃やす焚き窯だとしたら、その炉口に入りやすいように薪割って二つにするような感じだ。』

http://wellness.nnhc.co.jp/?eid=1
『体内のエネルギーサイクル 概要』

私の現時点での考えを書いておきます。
人間が病気になるのは、ミトコンドリア異常細胞の増加による乳酸の蓄積だと思っています。
乳酸の蓄積・乳酸アシドーシスによって、慢性的に酸化・糖化・炎症してガン・慢性病になります。
現代人が乳酸を蓄積させている最大の原因は、精製糖質の過剰摂取です。
白砂糖や白米などを食べすぎている現代人は、様々な病気になります。
だから病気の予防や治療に、糖質制限は非常に効果的です。
ガンや糖尿病の人は、厳格な糖質制限が欠かせないと思います。
しかしブドウ糖が「絶対的な毒」とまでは考えていません。
健康な人であれば、適量の糖質を摂っても良いと考えています。

私はクドクドとミトコンドリアの重要性を書いてきました。
ミトコンドリアの異常が病気の根本原因だからです。
乳酸が蓄積して酸化した環境では、ミトコンドリアはダメージを受け正常に働きません。
だから乳酸を蓄積させないようにしよう!という考えを訴えているのです。
ブドウ糖が乳酸に変わってしまうような食生活が悪い!と本気で考えています。
ブドウ糖そのものを全否定しているわけでは無いのです。

解糖系とミトコンドリアが共生した理由は、ブドウ糖を大きなエネルギーに変える為、と考えています。
両者にメリットが無ければ、共生は実現しないはずです。
解糖系は、自然界に大量に存在するブドウ糖で少量のエネルギーを得られます。
しかし乳酸までしか代謝できないため、周囲を酸化させ、いずれは自分の生存環境まで脅かす様になるジレンマを抱えていました。
ミトコンドリアは、ブドウ糖を直接的に自分の中に摂りこめません。
ブドウ糖を2つに割って、小さくしないと食べられないのです。
解糖系がブドウ糖を2つに割れば、ミトコンドリアは好物のピルビン酸が食べられるのです。
解糖系が作るピルビン酸目当てに近づいてきたミトコンドリアですが、長い間、一緒にいるうちに合体してしまったのだと思います。

解糖系とミトコンドリアの縁を結んだのは、ブドウ糖だと思います。
ミトコンドリアは想像以上の働き者で、酸素を使う器用さもあって、ブドウ糖を大きなエネルギーに変えられるため、真核生物は巨大化できたのだと考えられます。
私たちがブドウ糖を欲しがるのは、解糖系がブドウ糖好きで、ミトコンドリアがピルビン酸好きだからです。
解糖系とミトコンドリアの本能が、人間の糖質好きの原点だと思っています。

現代病が増えてきた原点は、穀物などを高度に精製するようになったからです。
玄米が白米に変わって脚気が増えたように、ビタミンやミネラルを失った糖質は、ミトコンドリアで代謝できないので、乳酸に変わるようになりました。
脚気・ガン・糖尿病などの乳酸アシドーシスが増えた1番の原因は、やはり精製糖質の過剰摂取だと思います。
クエン酸回路図を見ると、脂質・糖質・タンパク質を代謝するのに、必ずビタミンB群やマグネシウム・亜鉛・アミノ酸などが必要になります。
精製糖質は必須栄養素がカラッポなので、体内のビタミン・ミネラルを枯渇させます。
身体を作ったり、身体を動かすのに必要な栄養素が枯渇すれば、人間は必ず病気になるのです。

私は、白米などを食べるときは、必ずビール酵母などを飲みます。
体内の必須栄養素を、枯渇させたくないからです。
自然にバランスよく栄養素が含まれているビール酵母やスピルリナは、やはり安心感があります。
私は厳格な糖質制限を否定しているわけではありません。
断糖肉食が可能であれば、それは良いと思います。
ただ70億の人間が、断糖肉食が可能かどうかは分かりません。
穀物なども摂らないと、食料不足になるのでは、という思いもあります。
70億の人間の事を考える必要は無いのですが・・・。

オランダで1万人以上をガンから救ったモアマン食事療法は、ビタミン・ミネラル豊富で肉無しの高食物繊維食です。
クエン酸・ヨウ素・鉄・硫黄・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEを重視しています。
モアマンは50年間も医療従事者や政府関係者と争いながら、最終的にモアマン食事療法を認めさせた不屈の人です。
モアマンがウソをついているとは思えません。
ビタミン・ミネラル豊富で肉無しの高食物繊維食でも、乳酸はたまらないでしょう。
断糖肉食でも、乳酸はたまらないでしょう。
私としては、乳酸さえたまらなければ、どんな食事をしても良いと思います(当然有害物質は避ける)。
「乳酸が過剰に溜まる食生活」は、絶対に避けなければなりません。

他の人のブログを見ると、皆さん厳格な食事法を実践されています。
厳格な食事法の実践者は、他の食事法を許せなくなるそうです。
自分が選んだ食事法で成果を上げているので、絶対的な自信があるからです。
おそらく皆さん、他の人の健康を気遣って苦言を呈するのだと思います。
しかしエスカレートすると、他の食事法に対して、かなり攻撃的になります。
心の広い人でも、考え方の違う人が許せなくなる場面を、何回も見ました。
私は厳格な食事法を実践していません。
だから他人の食事法に対して、あまり許せない!という感情が湧いてきません。
精製糖質の過剰摂取は、さすがに許せませんが。

食事法を論ずるのは難しいですね。
糖質制限の第一人者同士が、糖質制限の内容を巡って喧嘩別れした現実もあります。
私から見れば同じ様なものなのですが、当人たちにとっては譲れない部分があるのでしょう。
誤解が誤解を生んで、言い争うような状況になっていました。
私の食事に関する考え方は、とにかく乳酸を溜めないことです。
乳酸さえ溜めなければ、断糖肉食でもMEC食でも原始人食でもモアマン食事療法でも生菜食でも、何でもいいのです。
乳酸を溜める食事とは、結局はミトコンドリア異常を引き起こす食事の事です。
私はミトコンドリアが正常でいられる食事法であれば、すべて支持します。














月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>私の食事に関する考え方は、とにかく乳酸を溜めないことです。
乳酸さえ溜めなければ、断糖肉食でもMEC食でも原始人食でもモアマン食事療法でも生菜食でも、何でもいいのです。

そうなんですよね。
同感です!!!
方法にこだわるのも大切なんでしょうけれど、目的達成のための、方法なんですから、本末転倒になっているような気がわたしもしていました。

市民運動なんかでも、大きな目的があったはずなのに、いつの間にか内部での方法や主導権などのいざこざが原因でうまくいかないことが多いみたいですし。。。
これしかない、じゃなくて、これも、あれもOKっていう感じで寛容であるほうがいいんじゃないか、って私は思ってます。
ひろみ
2015/03/31 14:27
心が安らぐ記事でした。ありがとうございました。
浅葱
2015/03/31 15:29
ミトコンドリアファースト。
レッツマイミトコンドリアケアーですね。
近江商人の、「売り手よし、買い手よし、世間よし」が商売の極意なら、
食べることの極意は「自分よし、ミトコンドリアよし、社会よし」です。
無粋な解説を、
自分の好みをおいしく食べる、
ミトコンドリアに負担をかけない、
ジャンクな食べ物を買ってジャンクな会社の経営に貢献しない、逆をやる、
であります。
私もたまにつき合いでケーキを食べたら、ベンフォチアミンを飲みますよ。気の持ちようでもね。
ヤルクーツク
2015/03/31 17:52
ひろみさん、こんばんは。
多くの人が日本を良くしたい!と思っています。
それには、まず間違った医療を変えなければなりません。
巨悪を倒して日本を良くする!と思って皆が行動しているのですが、それぞれの考え方にズレが生じます。
そのズレが許せなくて、互いに批判しあうようになります。
1つの事に打ち込んでいる人ほど、少しのズレでも許せなくなるのです。
自分の食事法を愛するあまり、他者の食事法や考え方に我慢が出来ないようです。
真面目な人ほど、そうなるようです。
正しい食事法は1つしかない!
冷静に考えれば、そんな筈は無いのです。
断糖肉食もガンを治すし、モアマン食事療法もガンを治します。
共通点は、ミトコンドリアを元気にして、乳酸を蓄積させない点です。
糖質も肉食も、絶対ダメでもなければ、絶対正しいわけでもありません。

共通の敵は、我々を騙している巨悪です!
他人を思いやる人たちが、少しのズレで争うのはもったいないと思います。
皆がひろみさんのように広い心を持って、正しい複数の食事法を認め合えたらと思います。
鈴森
2015/03/31 21:49
浅葱さん、こんばんは。
私が拘るのは、ミトコンドリア賦活と乳酸蓄積の消去です。
それさえ可能であれば、何でもいいのです。
ある意味、厳格な食事法に強い執着を持つ人たちが羨ましい面もあります。
その人たちは、それだけ真面目だということです。
鈴森
2015/03/31 21:55
ヤルクーツクさん、こんばんは。
やっぱりミトコンドリアファーストですね!
ミトコンドリアは生命の源、エネルギーの源です。
解糖系はブドウ糖が大好きですし、ミトコンドリアは解糖系がブドウ糖を2つに割ってくれたピルビン酸が大好きです。
ミトコンドリアは、結構おちょぼ口なんですね。
ブドウ糖では大きすぎて、お口に入らないなんて。
私たちがブドウ糖を欲しがるのは、本能であり、宿命です。
ただ糖質の過剰摂取は、やっぱりダメですよね。
でもケーキをたまに食べるのは、良いですよね。
ベンフォチアミンやビール酵母でフォローすれば、何もしないよりはマシだと思っています。

日本中の人が断糖肉食では、絶対に肉が足りなくなります。
そうなればお金持ちしか肉を食べられなくなります。
これだけ人間が増えてしまうと、穀物を食べる人もいなければ、成り立たないと思います。
私は糖質は、ビタミンやミネラルや水素や電子で解毒できると思っています。
糖質は絶対毒ではなく、解毒できる物質です。
水銀などとは違うのです。
糖質を完璧に代謝して、大きなエネルギーに変える方法は有るのですから、糖質を摂る限りは、同時に解毒剤も摂ることを徹底します。
それがニンニクであったり、トマトであったり、梅干しであったり、ゴマです。
必ず抜け道は有るように思います。
鈴森
2015/03/31 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミトコンドリアが正常でいられる食事法は全て支持! ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる