ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 癌と癌ビジネスの正体に気付く人が増えている

<<   作成日時 : 2018/07/17 07:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0

http://hontowa.oqojo.com/%E7%99%8C%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0/
『ガンの原因を真剣に考える。そこから見えてくる癌細胞の意外な特性。果たして癌は治るのか?

1cmを超えたあたりから徐々に育成期へ突入していきますが、三大治療(手術、放射線、抗がん剤)でガンを処理することは、トータルの余命を短くすることから、選択肢から外すのが懸命です。
「じゃあ、三大治療のほかにどういった治療があるんだ?」

そう。これこそが日本のガン治療における最大の問題なのです。
日本人は三大治療(手術、放射線、抗がん剤)以外は、選択肢を与えられていません。
TV、新聞、医療機関によって気付かぬうちに、そういう教育をされているのです。
反対にアメリカの病院では、様々な情報をオープン化し、患者同士のコミュニティを設けることで人々が事実に目覚め、毎年のガン死亡者数は大幅に減ってきています。
つまり、まず最初に取り除くべきは「ガン」ではなく「洗脳」なのです。

早期発見=早期殺害
ガンが悪性化する一番の原因はここにあります。
とにかく急いで、摘出だ!抗がん剤だ!放射線だ!と、変な覚悟を決めてしまうのが最も危険な発想で、あせって間違った選択をしてしまうから、多くの人は免疫が落ちてガン細胞が悪性化してしまうのです。

・ガン発生の引き金になっている「炎症」
炎症→変性→ガン
炎症が長く続くことで、その箇所が変性し細胞が壊れ、やがてガン細胞へと変わっていきます。

ブドウ糖(乳酸)の蓄積もまた炎症の原因
ブドウ糖=乳酸×2
つまり乳酸とはブドウ糖を2つに割っただけの糖と言えます。

「乳酸の蓄積」が活性酸素の根本原因
乳酸はたまり続けるといずれ、酸化、糖化、炎症を引き起こします。
炎症→変性→ガン
ですので、乳酸の蓄積でいずれガンが誘発されます。
乳酸は細胞をph5〜6に酸化させ、血液をph7.3以下に酸化させます。
そして、生命活動のキーパーソンであるミトコンドリアは、ph7.35以上の弱アルカリ性の環境でないと活動できないので、乳酸の蓄積によってATP(エネルギー)不足を引き起こし、細胞の障害(ガン化)が起こります。

ガン=代謝不全病(細胞の機能不全)
ですから、エネルギーとして使われず残ってしまったブドウ糖を、ガン細胞がゴミ袋のように処理しているというわけです。

・医療利権の闇
「医学はひたすら病気を作るために存在する。」
こう言っている人がいましたが、こんなことを言われても信じられませんし、信じたくもありません。
ですが、現実に起こっていることを論理的に突き詰めていくと、あながち嘘でもなくなってしまうのです。

某組織>巨大製薬会社>厚生省>医師会
医者も、医療業者も、製薬メーカーも、保険会社も、すべてが癒着してズブズブの状態を「医産複合体」といいますが、世間で起きている現象をこうやって眺めてみると、残念ながら闇はかなり深そうです。
夢も希望もありません。

・ビタミンB群、Eをとり、糖質(乳酸)をためこまない
糖質の代謝不全が、乳酸です。
よって、代謝の悪いひとがひたすら糖質を摂取していると、エネルギー生産に失敗した乳酸として、筋肉にどんどん蓄積していくことになり、疲労感のかたまりみたいな体になります。
つまり緊急事態です。
その乳酸を処理してくれているのがガンですから、乳酸を増やせば増やすほどガンも増えるというわけです。
ここで大事なのは、いかに乳酸を処理するか?という作業です。
乳酸処理に適した栄養素は、ビタミンB1とビタミンEです。

ビタミンB1=乳酸を二酸化炭素と水まで分解する
ビタミンE=乳酸を筋肉細胞から追い出すクレアチンリン酸を筋肉中に保持する
ある医療施設では、ビタミンB1注射をおこない注射後1時間以内に体内の乳酸を処理したとの結果も報告されています。
つまり乳酸がなくなるということはガンの餌が無くなるということです。』

ガンは遺伝子の病気ではありません。
ガンはミトコンドリアの病気です。
ガンはミトコンドリアがATPを作れない細胞が増えてきて、ATPの代わりに乳酸を作ってしまう細胞が増えた状態です。
その結果、乳酸慢性炎症と乳酸アシドーシスが引き起こされ、細胞や血液が劣化していく病気なのです。
乳酸を大量に分泌するガン細胞は乳酸によって硬くなり、シコリを作るのです。
ガンの正体は、乳酸慢性炎症+乳酸アシドーシス+乳酸硬直なのですから、ガンを治すには蓄積した乳酸を減らす必要があります。
蓄積した乳酸を減らしていけば、慢性炎症もアシドーシスも乳酸硬直化も治っていきます。
乳酸蓄積解消をターゲットにした治療法が、本当にガンを治す治療法です。

医学界・医療業界は、ガン患者を殺し続けることで、ガンは恐怖の難病・死病というウソを世界中の人に信じ込ませることに成功しました。
抗がん剤(猛毒マスタードガス)で衰弱させて殺す。
放射能で衰弱させて殺す。
大切な臓器を切り刻んで衰弱させて殺す。
ガンも何もしなければ酸性体質が悪化して死んでしまう病気ですが、酸性体質を改善すれば治る病気です。
とにかくガン患者は苦しんで死ぬ!ということにしなければ、ガンビジネスは儲かりませんから、なるべく悲惨な死に方をするような方法をガンの治療法として選択しています。
ガンビジネスは、本当に人類史上最凶最悪の殺人詐欺ビジネスです。
そして世界で最も悪質なガンビジネスを推進しているのが、我らが日本なのです。

ネット上では、ガンの根本原因がミトコンドリア機能不全だと知る人が増えてきました。
糖⇔乳酸の蓄積が、ガン細胞を増殖させる事実を知る人も増えてきました。
10年前には考えられなかったことです。
洗脳から覚醒する人が、徐々に増えてきています。
様々な治療法の共通点を探していけば、正しい治療法は乳酸慢性炎症と乳酸アシドーシスを治しているという事実に突き当たります。
どんなに丁寧に説明しても理解できない人もいますが、確実に理解できる人もいるのです。
やはり真実はウソよりも説得力があります。
矛盾だらけの正規のガン治療よりも、実際に理論的に結果を出している代替療法の方が良いに決まっています。
金儲けのためにバカになってガン患者を殺し続ける日本の医学界は、あまりに悪質です。
大勢の罪なき人を殺し続けた悪人たちには、罪を償ってもらいたいものです。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
癌と癌ビジネスの正体に気付く人が増えている ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる