ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツでは酸素(オゾン)と電子(波動)で癌を治す

<<   作成日時 : 2018/08/07 07:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

http://mepsinsahtu.net/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84100%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%92%E5%BF%9C%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%BD%93%E9%99%A2%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%82%BE/
『ドイツ100年の歴史を応用した当院のオゾン療法

オゾン療法とは使い方で薬にもなる猛毒であるオゾンを最も有効に人体に利用するものです。
このことはドイツでは100年も前から知られており、ドイツの医師が「オゾンはがん細胞の代謝を阻害する物質を発生させる」、「オゾンはがん細胞の増殖を選択的に抑制する」と発表しています。
オゾンは使い方により、現代医療の至らない部分を補ってくれるのです。

当院のオゾン療法は患者さんの知を200ml採取し、その血液にオゾンを溶かしてまた体内に戻すという方法です。
こうすることで血中で通常の2倍の酸素のH2O2(過酸化水素)、すなわちスーパー赤血球が産生されます。

そして血流・血行が良くなり、体内に大量の酸素が送られることで細胞が活性化を促します。』

http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn201704.html
『オゾン療法は、何故、癌などの慢性疾患に効果的なのか?

オゾン療法(血液クレンジング療法)は、アンチエイジングのみならず、慢性疾患、例えば、冠動脈疾患及び心血管疾患、壊疽、黄斑変性症、慢性疲労、癌、急性及び慢性感染症、皮膚真菌症、間質性膀胱炎、歯髄炎、副鼻腔感染症、アレルギー/皮膚炎、肥満(メタボリック症候群)、糖尿病、自己免疫疾患、潰瘍性大腸炎、様々な前処置 等々に効果があります。
これ等の疾患の根本的な原因は、酸素利用率の低下ですが、オゾン療法は、酸素利用率を改善させるので、これらの根本的なアプローチとなります。』

http://drhandhealing.com/energy-medicine-in-germany-590
『ドイツの医療現場でおこっていること

バイオレゾナンス療法とは、ドイツの波動医学からなる理論で、振動(共振)を利用した健康法です。
ドイツをはじめ、オランダ、スイス、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、カナダ、オーストラリアなどではこの振動医学はかなり認知されつつあるそうです。

バイオレゾナンス・メソッド(生体共鳴法)とは・・「波動測定器」を用い、さまざまな周波数の波動を送りだすことによって気の滞り(とどこおり)の波動数を突き止め、次にその周波数の波動を送り続けて波動を共鳴させ、滞りを解消させる方法です。

「本書で述べていることのなかには、まだ現代科学や西洋医学では認められないことも含まれています。
気や生命エネルギーの存在もそうです。
だからといって、生命エネルギーの流れに、健康の源を求めるバイオレゾナンスが非科学的で反西洋医学的と考えるのは間違いです。
西洋医学において抜け落ちていると強調したいのが「生命エネルギー」的な領域です。」』

http://macrobiotic-daisuki.jp/chiryo-100976.html
『ドイツでは当たり前?近い将来日本到来を期待。一部の国では保険も適用される話題の最先端量子治療・バイオレゾナンスメソッドとは何?

量子波で治療するってどういうこと?
現在主流となっている量子波治療の概要を簡単に表現するとすれば、特定の周波数を人体に照射することで、様々な要因で狂ってしまった周波数を、人間が持っている本来の周波数に調整し直し、心身にとって良い影響を与える治療法といえます。

量子波で治療を行うメリットはあるの?
先ほどにも述べた通り、特定の周波数が人体に影響を与えるという事実は世界中で既に認められていますが、実は日本でも波長を利用した治療法というものは増えてきています。

例えば、AWGと呼ばれる医療機器(厚生労働省が認可しています)を利用した治療法もその一つ。
元々、レイモンドライフ博士が開発したこの技術は、特定の病気に対応する周波数を当てることにより、病態が治癒されていくという画期的なものです。
一定のセットされた周波数を当てるだけなので、体には全く負担がありません。』

ガンなどの慢性病・生活習慣病を治すには、酸素と電子が必要です。
ミトコンドリアがATPを充分に作れなくなるのが、ガンなどの慢性病の根本原因です。
ミトコンドリアは血液・体液から酸素と電子を得てエネルギーを作っているので、血液に充分な酸素と電子を与えるだけで、ガンなどの慢性病は改善していくのです。
一般的にはビタミンやミネラルの力を借りて酸素や電子をミトコンドリアは得ているので、ビタミンやミネラルの欠乏を防ぐことも大事です。
しかしより即効性がある治療法は、血液に直接的に酸素原子や電子を与える方法です。
オゾン療法やバイオレゾナンスは、そうやってガンなどの慢性病を治しています。
この2つを組み合わせることが、理想的な治療法なのです。
酸素が無ければATPは作れないし、酸素を使えば必ず電子を消費するので、電子の補給も必要なのです。
ガンなどの慢性病を治す物質は、昔から地球上に存在する酸素と電子なのです。

ドイツなどでは、オゾン療法やバイオレゾナンスなども保険適用されているようです。
殺人詐欺医療が横行している日本では、考えられないことです。
現代医学・医療というのは、病気を治さずに莫大な利益を上げ続ける事を目的に誕生しました。
ドイツこそがその殺人詐欺医療の生みの親なのです。
それが今では改心して、病気を本気で治したい勢力が力をつけてきているのです。
日本とは大違いです。
日本はいつのまにか世界で最も殺人詐欺医療を推進する国になってしまいました。
世界で最もガン患者を高確率で殺す国になっています。
日本の医者は、なぜここまでモラルもレベルも低いのでしょうか・・・。
日本の政治家やマスコミや医者がレベルが低いのは、やはりそうなるように仕組まれているように感じます。

オゾン療法(血液クレンジング療法)は、あらゆる病気に効果がありそうです。
ビタミンやミネラルや電子を使ってガンを治す医師は増えてきていますが、酸素を使っている医師はまだ少ないようです。
最も簡単に血液に酸素原子を増やす方法を探していましたが、現時点ではオゾン療法が最も効率的な感じがします。
ビタミンやミネラルや電子などでもガンは治ると思いますが、酸素こそがガン治療の切り札になる筈です。
オゾン療法は短時間で済みますし、身体への負担も少ないようです。
私がガンになったら、オゾン療法と陶板浴とマイヤーズカクテルを使います。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツでは酸素(オゾン)と電子(波動)で癌を治す ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる