ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS オゾン療法は人間の他に犬の癌にも効く

<<   作成日時 : 2018/08/21 06:54   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

https://cordy.monolith-japan.com/alternativemedicine/1920/
『オゾン療法ー犬猫のがんに、簡便で安全な治療法

最近にわかに注目を集めているがん治療法のひとつにオゾン療法があります。
治療法の簡便さ、高い安全性、治療効果の増強、治療費軽減などの理由から、積極的に使用している動物病院があります。

実は海外ではメジャーな治療法
ドイツをはじめとしたヨーロッパではオゾン療法の認知度が高く人の治療に使われています。
他にもロシア、キューバ、イスラエルで人気があります。

どんな病気に使うの?
オゾン療法は、皮膚炎、感染症、がん、椎間板ヘルニアなどの病気に使われています。』

http://www.kougo-ah.com/ozone/
『オゾン療法・酸素カプセル

オゾン療法とは?
オゾン(O3)が生体内で起こす反応を利用した治療法で、ヨーロッパ特にドイツを中心として人の医療分野において行われている治療法です。
医療用オゾンガス(オゾンと医療用酸素の混合ガス)を体に入れることで様々な効果が認められています。
小動物においては注腸法(肛門からオゾンガスを注入)で行う事が多く、時間もかからず、痛みもありません。
腫瘍などの場合はよりスムーズな効果を期待してオゾン自家血療法(血液を採ってその中にオゾンガスをいれてまたその血液を体内に戻す)をすることもあります。

オゾン療法が推奨される病気とは?
腫瘍/アレルギー・アトピーなどの皮膚疾患/痛みを伴う運動機能疾患/自己免疫疾患/各種感染症 など

電位治療とは?
様々なストレスや外的刺激などで血液は酸性に傾き病気を引き起こすと考えられていますが、電位治療機は酸性に傾いた血液を弱アルカリ性へと戻し、血流を改善しながら健康を取り戻す機械です。

酸素カプセルとは?
関節炎・椎間板ヘルニアの治療促進、手術後の回復促進に用いたり慢性皮フ疾患のワンちゃんの皮フコンディションの改善、高齢や各種疾患での体力の維持の目的に使用推奨しています。』

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%83%B3%E7%99%82%E6%B3%95-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E2%80%95%E8%87%A8%E5%BA%8A%E3%81%AE%E7%AB%8B%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E2%80%95-%E6%B8%A1%E4%BA%95-%E5%81%A5%E7%94%B7/dp/4621302213
『オゾン療法 第2版〜臨床の立場から〜

オゾン療法(血液クレンジング療法など)はヨーロッパを中心に行われる「オゾンガス」を用いた治療法。
中でも自家血オゾン療法は患者の血液を脱血し、オゾンガスを混合、オゾン化した血液を体内に戻すという手法で、B型やC型の肝炎やHIVウイルスの増殖の抑制、狭心症や心筋梗塞など、虚血性心疾患の後に本治療が行われ、そのほか老人性網膜変性疾患、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患、アンチエイジングや疲労回復にも有効といわれる。

これまで「標準治療」では治らなかった疾患にも「効果」が発揮された事例が国内でも報告されており、まさに究極の「先進医療」といわれるオゾン療法の学術的・臨床的アプローチがまとめられている。』

現代の日本では、多くの人々がガン宣告されて抗がん剤などで殺されています。
それと同じように、多くの犬や猫もガン治療で殺されています。
本来は肉食である犬や猫も、デタラメなペットフードばかり食べさせられてガンになっているのです。
ガン以外にも、アトピー性皮膚炎や感染症や狭心症などにも苦しめられています。
オゾン療法は、それらすべてに効果があるようです。

ガンなどの生活習慣病の根本原因とは何か?
それはミトコンドリアが充分にATPを作れなくなることです。
なぜATPが作れなくなるのか?
ビタミンやミネラルの欠乏。
水銀やアルミやフッ素やヒ素などの蓄積。
血液や細胞の酸化(電子欠乏症)。
そして最大の原因が酸素原子の不足です。
酸素が不足すれば、ミトコンドリアはATPというエネルギーが作れなくなるのです。
酸素こそが、あらゆる生活習慣病の特効薬だったのです。
オゾンは酸素原子が3つ結合した物質です。
それを血液に直接混入させることで、不足した酸素を補い、ミトコンドリアが活性化して、あらゆる生活習慣病が改善していきます。
それは人間のみならず、犬や猫のガンさえも治してしまうのです。
ここに物事の本質があるのです。

酸素と電子とビタミンとミネラルが、様々な生活習慣病を治します。
医学界がどんなにウソをついても、この事実は変えられません。
酸素と電子とビタミンとミネラルが病気を治してしまっては、医学界は儲かりません。
特に悪質な日本の医学界は、この事実を無視し続けています。
しかし一部の良心的な医師や獣医は、オゾン療法や電子付加療法などで、実際に人間や犬の生活習慣病を治しています。
理屈に合った治療法をすれば、多くの生活習慣病は改善するのです。
多くの日本人は、大病院で正規の治療法を強要されて、悲惨な結果を招いています。
正規の治療法では病気が治らない事実を直視すべきです。
病気を治してしまえば、医学界は儲からない。
実際に病気を治すのは、オゾン療法などのマスコミに出てこない治療法です。
このカラクリに気付いてほしい。
酸素や電子やビタミンやミネラルこそが、様々な生活習慣病を治すのです。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも大変参考になる記事ありがとうございます。
5月よりオゾン療法を行っております。予防医学の観点からですが、早寝、早起きなりしろ熟睡できる体質に変化しました。二日酔いにもなりにくいですね。
血液循環が良くなり、動脈硬化予防に役立ちそうです。
保険がきかないので、高いのが難点ですね。
トシ
2018/08/22 08:22
トシさん、おはようございます。
もうすでにオゾン療法を実践済みなのですね。
オゾン療法は生活習慣病を予防することもできて、治療することもできる素晴らしい療法だと思います。
そして人間だけではなく、犬や猫にも効果がある。
本物の治療法は、万能的な働きをします。
オゾン療法の効果を知ると、ミトコンドリアにとって最も重要な物質は、やはり酸素原子なのだとつくづく実感します。
オゾン療法にプラスして電子付加療法をやれば、ミトコンドリアのATP産生能力はよりアップすることでしょう。

本物の治療法には保険がきかない。
本物の治療法はマスコミが紹介しない。
結局は現代医学・医療は詐欺的な要素が強いのです。
病気を予防したり、本当に治してしまっては医学界は儲からない。
オゾン療法が誰でも安価に簡単にできるようになれば、生活習慣病は激減するので、結局はそうならないのですね。
鈴森
2018/08/23 06:50
コメントありがとうございます。
電子に関しては、MMS,メガハイドレード、リコエンザイムソルトを経口したり、タカダイオンを就寝時に利用しています。
父が心筋梗塞、母が癌で死去しておりますので、予防的に無理のない方法を今後も取り入れていこうかとおもっております。
トシ
2018/08/23 16:48
トシさん、おはようございます。
オゾン療法に加えて、MMS、メガハイドレード、リコエンザイムソルト、タカダイオンをお使いでしたら、ミトコンドリアも大喜びですね。
具合が悪くなってから治すよりも、予防をする方が労力が少なくて賢いと思います。
現代日本は情報強者にならないと高確率で病人にされてしまうので、意識して予防するのは素晴らしいです。
鈴森
2018/08/24 06:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
オゾン療法は人間の他に犬の癌にも効く ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる