ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS オゾン療法とプラズマ療法でガンが治る

<<   作成日時 : 2018/08/28 07:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/daitai/2012/12/post-b3fa.html
『代替医療の光と影
オゾン療法とプラズマ療法

オゾン療法という治療が存在します。
イギリスでは保険診療として認められている治療です。
日本では代替医療の専門の先生たちが行っています。
別名、「血液クレンジング療法」としても有名です。

問題のオゾンを作るためには、酸素に紫外線を照射したり、無声放電で得ることができます。
つまり高エネルギーの電子を酸素分子O2に衝突させると、酸素原子になってオゾンO3になるのです。
このオゾンの生成方法は、大量の電子を体内に照射し、血液中の窒素分子N2と酸素分子O2をプラズマ化して、一酸化窒素NOを生成させるプラズマ療法の作用機序とよく似ています。
プラズマ療法の治療の主役は一酸化窒素でしたが、酸素分子O2のプラズマ化によりオゾンが生成されることは容易に理解できます。
つまり、プラズマ療法は、ある意味簡略的なオゾン療法でもあるのです。
血液を採血したり、オゾン処理してから体に戻したりなどの煩雑な工程がなく、気軽にできる強みがあります。

また、プラズマ療法のオゾン療法の側面を一層強化したいのであれば、プラズマ療法の直前に前処理として高圧酸素療法を受け、末梢血液中の酸素濃度を高くしておければ、オゾンの発生率は高くなり更に効果的になります。』

http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/daitai/2017/11/post-cb7b.html
『巨大子宮筋腫のその後 プラズマ療法

プラズマ療法は、最新の代替医療です。
さて、プラズマ療法とは、ジェネレーター装置から大量のマイナス電子を身体に注入することで、生体の活性化を図る治療法です。
大量のマイナス電子が細胞内のミトコンドリア(細胞1個に300個〜400個)を活性化します。
エネルギー物質であるATPアデノシン三リン酸が増加するのです。
また、血液中に溶けている酸素分子と窒素分子が分離・結合して一酸化窒素NOが産生されます。
一酸化窒素NOは平滑筋の緊張を和らげ血流が良くなるのです。
また、酸素分子がオゾン化して、スーパーオキサイドを産生し癌細胞を叩きます。
そして、癌細胞の主な鉄呼吸を鉄の酸化還元反応を破壊するのです。』

https://www.ykcgroup.com/Plasma.html
『プラズマパルサー
・プラズマエネルギー(マイナス電子)を体内へ供給

・プラズマはガン細胞だけを死滅させる
ガンについての報告もあります。
2013年3月、名古屋大学プラズマナノ工学研究センターの堀勝教授と、医学部附属病院先端医療・臨床研究支援センターの水野正明教授らは、卵巣ガンに直接プラズマを照射すると、ガン細胞が死滅したことを発表しました。
さらに、プラズマを照射することが困難な部位や抗がん剤に抵抗を示すガン(再発卵巣ガンなど)に対して、プラズマを照射した培養液を投与。
すると全てのガン細胞だけが24時間の内にアポトーシス(細胞の計画的な自殺)し、性所な細胞には全く異常が無いことがわかったのです。
この研究成果は、平成25年12月18日付 米国科学雑誌PLOS ONE電子版に掲載されました。

プラズマ療法は、「プラズマパルサー」を使用してミトコンドリアのATPエネルギー生産回路にe−(マイナス電子)を供給、活性酸素の発生なしに生命活動に必要なエネルギーを生産させます。
老化の原因を作らず、生命活動エネルギーを得る療法です。

・プラズマパルサーは活性酸素を作らずにATPを3倍に!
プラズマエネルギー「マイナス電子がプラズマ振動(=電子の往復運動)している状態」を体内に取り込むと、ミトコンドリアのATP生産回路に、直接プラズマエネルギー(マイナス電子)を供給します。
すると活性酸素を発生することなく、ATP回路の速度が2〜3倍の速さに増えるのです。
つまりATPの量が3倍に増えるのと同じ現象が起きるのです。』

ガンなどの生活習慣病を治すためには、元気なミトコンドリアと酸素と電子とATPが必要です。
ミトコンドリアに大量の酸素と電子を与えることで、大量のATPが生産されます。
このATPが病気もケガも疲労も治してくれるのです。
ATP(アデノシン三リン酸)が、細胞のエネルギー通貨と言われる所以です。
ミトコンドリアは、体液・血液から酸素と電子を受け取ります。
だから血液の質と血流が、とても重要なのです。
病気の人は、血液に電子が少なくて(血液が酸性に傾いた状態)、更に酸素も少ない状態です。
こんな質の悪い血液は、ドロドロして血流も悪いのです。
病気の人の血液に大量の酸素と電子を与えれば、サラサラの質の良い血液に変わります。
オゾン療法とプラズマ療法は、細胞や血液に酸素や電子を与え、とても質の良い細胞や血液に変えてくれます。
どちらか一方だけをやるよりも、両方やった方がより効果的です。

プラズマ療法は、ある意味簡略的なオゾン療法でもある!という考えは面白いですね。
プラズマ療法の直前に高圧酸素療法を受けるとより効果的!というのも、いいアイデアだと思います。
プラズマ(マイナス電子)とオゾン(3個の酸素原子)で、ガンなどの生活習慣病は改善していきます。
ミトコンドリアを活性化して、ATPを大量に作らせれば自然に治っていくのです。
ごく当たり前の事です。
これこそが、理詰めの治療法です。
現代医学・医療は、まったくのデタラメです。
病気を作り出し、慢性化させ、悪化させることばかりに執着しています。
マスタードガスの様な猛毒や、放射能でガンが治るわけがありません。
ミトコンドリアはマスタードガスや放射能が大嫌いなのです。
ミトコンドリアが好きなのは、海水のような弱アルカリ性の環境であり、酸素と電子と水素と硫黄とビタミンとミネラルなのです。
現代医学はミトコンドリアを殺す医療ばかりです。
ミトコンドリアを活かす医療こそが、本物の医療です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オゾン療法とプラズマ療法でガンが治る ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる