マンノース(糖鎖栄養素)を食べてガンを弱体化

http://aasj.jp/news/watch/9274
『11月25日マンノースを食べるとガンを弱体化できる(Natureオンライン版掲載論文)
最近代謝研究が進み、こんなことがわかっていなかったのかと思うような話が発表される。

最近、ガンは自分の増殖を支えるために、グルコース代謝が正常細胞よりも亢進しており、それをガンのアキレス腱として標的にできることがわかってきた。
この研究もそのうちの一つと言えるが、グルコースと同じ単糖にもグルコース代謝を抑制できるものがあるのではと、培養ガン細胞に様々な単糖を加える実験を行い、一部のガンの増殖をマンノースだけが抑制できることを発見する。

最初単純に細胞内へのトランスポーターをグルコースと競合するからかと単純に考えたようだが、最終的にマンノース摂取により細胞内で上昇するマンノース6リン酸がグルコースから乳酸への経路、あるいはTCAサイクルなど、様々なグルコース代謝経路を抑制することを明らかにする。
すなわち、グルコース代謝が高まっているガンで特にこの効果が高い。』

https://www.health.ne.jp/library/detail?slug=hcl_5000_w5000885
『マンノース食べてがんが弱まる可能性 西川伸一先生ブログ

がん細胞は正常細胞の何倍もブドウ糖を取り込みます。
グルコース(ブドウ糖)代謝が活発になるのです。
最近報告された動物実験の研究により、一部のがんのマウスモデルにマンノースを食べさせるとグルコース代謝を抑えて、がん細胞の活動を弱める可能性があるとの知見が得られました。

炭水化物とは糖質のことです。
糖質の基本単位は単糖類で、グルコース(ブドウ糖)、ガラクトース、マンノース、フルクトースなどがあります。
今回、Natureオンライン版に掲載された動物実験の研究結果から、マンノースががん細胞の増殖を抑制して化学療法の効果を促進させるはたらきを持つ可能性が報告されました。』

http://hbcfunato.co.jp/product/tosa/
『糖鎖とは、8種類の単糖が鎖状に連なったもので、細胞の膜組織の表面に産毛のように存在する「細胞のアンテナ」のようなものです。
脳や全身の各組織が正しく生体反応をできるように働きます。
いわゆる「砂糖」とは、まったく違う動きをします。

「糖鎖」が正常に機能するためには、それを構成する単糖類が大変重要な鍵を握っています。
この8種類の単糖類のことを特に「糖鎖栄養素」といいます。
通常の食事から必要量の摂取可能な糖鎖栄養素として、グルコース、ガラクトースの2種類があり、通常の食事だけでは補給が難しいものとしては、マンノース、キシロース、フコース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸の6種類があります。

・マンノース
マンノースは、免疫系に重要な役割を持ち、マクロファージの活性化や、細菌感染防止、抗炎症などの働きがあると言われています。
食材では、キノコ、アロエ、コンニャクなどに微量に含まれています。』

ガン細胞は正常細胞の何倍もグルコース(ブドウ糖)を取り込みます。
ガン細胞のエサはグルコース(ブドウ糖)なのです。
そして大量のグルコースは、大量の乳酸に変わり、ガン細胞周辺をpH5~6の酸性に傾けていきます。
ガン細胞周辺の正常細胞は、その酸性環境に耐えられず、ミトコンドリアがATPを作れなくなってガン細胞化していきます。
ガン細胞が細胞分裂して増殖する!というのは、医学界・医療業界が作り出したウソ話です。
ガン細胞は乳酸という環境汚染物質(酸性化させる物質)を大量に分泌して、周囲の正常細胞をガン化させて増殖しています。
ミカン箱の中の1つの腐ったミカンが、大量のカビ菌を放出させて周囲のミカンを腐らせていくのと同じなのです。
腐ったミカンが細胞分裂しないように、エネルギー不足のガン細胞が細胞分裂して増殖するような能力はありません。
ガンに対する恐怖心を増大させるために、ガン細胞は無限に細胞分裂して増殖する!という洗脳を続けているのが医学界・医療業界なのです。

グルコース(ブドウ糖)が大量の乳酸に変わるから、ガンが増殖する!
ガンの増殖を止めるためには、ブドウ糖の摂取を制限すればいいのです。
これが糖質制限などでガンを治す治療法です。
その他にも、ベンフォチアミン(ビタミンB1)やジクロロ酢酸などで、ブドウ糖の代謝を促進して乳酸を作らせず、ATPというエネルギーを作らせることでガンを治す方法もあります。
そして今回の、マンノースによるグルコース代謝の抑制という方法もあるようです。
グルコースもマンノースも同じ糖鎖栄養素ですが、グルコースはガンを増殖させ、マンノースはガンの増殖を抑制する!という真逆の作用があるようです。
現代人にガンが多いのは、グルコースやガラクトースを大量に摂取して、マンノースやキシロースやフコースなどを、ほとんど摂取していないからです。
マンノースを含む食材であるキノコやアロエやコンニャクなどを、意識して食べたいものです。

ガンは糖の代謝異常による環境汚染(乳酸による細胞や血液の酸性化)です。
ミトコンドリアは酸性環境では働けない(ATPを作れない)から病気になります。
日本の医者は、その事実を理解できない(理解したくない)から、ガンを治せません。
日本の医者は、世界的な癌ビジネスの手先となり、抗がん剤などの三大療法でガン患者を殺し続けて、高額な報酬を奪い続けています。
日本の医者は自己保身の塊のような人が多いので、自分たちがガン患者を殺し続けている事実を絶対に認めようとしません。
ガンを治す方法がいくらでもあるのに、ガン患者を殺す治療法(拷問)だけを選択します。
今回のマンノースによるガンの弱体化も、あくまでも化学療法(抗がん剤・マスタードガスによる大量虐殺)の補助である!という姿勢で臨んでいます。
いくらマンノースでガンを改善させても、抗がん剤(マスタードガス)を使えば意味がありません。
ガン患者は、医者や製薬会社の私利私欲の為に存在しているわけではありません。
ガン患者をダマし続けて、殺し続けるのは、相当に罪深いことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック