ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

アクセスカウンタ

zoom RSS 池江選手の白血病は癌ではなく壊血病!ビタミンCで治る

<<   作成日時 : 2019/02/14 21:44   >>

驚いた ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 6

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1836731.html
『白血病は癌ではない

医学界には―「白血病はガンではない」と断言する立場もある―からだ。
ガンではないなら「血液中などに見られる異常な白血球は、何なのか?」。
それは、なんと「ただの“くたびれた”白血球にすぎない」という。
「白血病はガンではない」といえば、首をひねる人が大半だろう。
医学界は猛反発するはずだ。
しかし、「疲弊白血球説」は、十分にうなずける。』

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12428801652.html
『白血病=壊血病

症例は70代女性。
H30.6、2年ぶりに来院。
高タンパク/低糖質食+プロテイン+C1000を開始。

本日、受診。
プロテインを続け、糖質を減らしている。
Cは市販のものを数グラム継続。
日赤病院の主治医から、異常細胞が全くなくなったので化学療法は必要ないかもしれない、と言われたそうだ。
このようなことは初めてなので、患者は喜んでおり、主治医は首をひねっているそうだ。

白血病症状は壊血病症状そのもの。
Cを浪費する糖質を減らし、高タンパク食+C。
簡単に治るじゃん。
Cをもっと沢山飲めば、もっと早く治っただろうけど。』

https://matome.naver.jp/odai/2142348826280472001
『被ばくによる白血病は大量の“ビタミンC”を直ちに投与することで大幅に軽減することを発見!

被ばくによるリスクが高まる日本でまた一歩がんの治療に有効なことが発見された。
それは白血病はビタミンCが有効なこと。
数年前からビタミンCの効果のうわさはあったもののハッキリした確証はなかった。
防衛医大では実際のマウスの実験からそのことが証明された。』

https://news.mynavi.jp/article/20170825-a060/
『ビタミンCに白血病治療効果がある可能性―ニューヨーク大学医学部

ニューヨーク大学医学部は、ビタミンCに白血病など血液のがんを治療する効果があるとする研究成果を報告した。
研究論文は「Cell」に掲載された。

「ビタミンCの高用量投与を他の標的療法と組み合わせることによって、TET2が不足した白血病幹細胞が引き起こす血液の病気を安全に治療できる可能性がある」とニューヨーク大学医学部教授・パールマターがんセンター所長のBenjamin Neel氏はコメントしている。』

競泳女子の池江璃花子選手が白血病であることを告白しました。
ショックです。
若く強く美しくて才能のある選手を潰してしまおうとする医学界。
東京オリンピックを目指して頑張ってきた名選手に、残酷な宣告を平気で行います。
白血病は“血液のガン”だから抗がん剤治療をやりましょう!
日本の医学界は、また新たな広告塔を見つけました。
影響力の大きい池江選手を利用して、検診者を増やし、骨髄移植も広げようとしています。
金儲けのために、多くの人間を全く無駄で有害なシステムに組み込もうとしています。
白血病はガンではありませんから、抗がん剤などは有害でしかありません(ガンだったとしても抗がん剤は有害ですが)。
白血病はビタミンCで治るようです。

韓国では、高濃度ビタミンC点滴療法で白血病に対する臨床が行われているようです。
ニューヨーク大学医学部では、ビタミンCに白血病治療効果があると報告されています。
そして日本の防衛大学でも、大量のビタミンC投与が白血病に効果的!という発見がされています。
そして藤川徳美医師も、高タンパク低糖質食+プロテイン+ビタミンCで白血病を治しています。
白血病=壊血病(ビタミンC欠乏症)と言い切っています。
白血病の症状は、壊血病の症状そのもの。
つまり医学界は単なるビタミンC不足を、血液のガンなどと偽っているのです。
単なる脚気(ビタミンB1欠乏症)をガンだ、ガンだと騒ぎ立てるのに似ています。
白血病患者には抗がん剤治療をしてしまうので、白血病患者の死亡率が高いのです。
癌ビジネスも、白血病ビジネスも、極悪な殺人詐欺ビジネスです。
特効薬が抗がん剤(マスタードガス)ということになれば、どんな病気でも難病・死病になります。
ガン患者も白血病患者も、抗がん剤(マスタードガス)によって殺されているだけなのです。
正しく治療すれば、そんなに恐れる病気ではないのです。

池江選手は、まず高濃度ビタミンC点滴などのビタミンケトン療法をすべきです。
そうすればすぐに回復するでしょう。
順番を間違えてはいけません。
多くの人は、抗がん剤治療をさせられて、回復不能の状態になってから間違いに気付き、そこで高濃度ビタミンC点滴などをしても手遅れのケースが多いのです。
抗がん剤治療→ビタミンケトン療法ではダメなのです。
先にビタミンケトン療法などの代替療法を選択すべきです。
池江選手の傍に、そんなアドバイスをしてくれる人がいるといいのですが。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
がんの3大治療以外で治った有名人っているんでしょうか?
ググッてもみつからないです。
病院に行かずにガンを治す系の本は結構出版されるようになったし、そろそろ有名人が病院以外でガン克服、となれば一気に大衆は病院以外に流れて形勢逆転となると思うのですが、まだいなさそうですね。
ほとんどが病院と併用して、「病院に専念すれば...」という論調を強化している。
誰か一人でも病院と無関係に治った実績ができれば良いのに、」と思います。
梅安
2019/02/15 08:05
梅安さん、おはようございます。
有名人でガンが代替療法で治った!という話は聞きません。
有名人が三大療法で殺されてもガンで死んだ!ということにされる話はゴマンとありますが・・・。
有名人が三大療法で殺されかけて、最後に代替療法にすがったところ、三大療法の副作用が強すぎて亡くなったとしても、代替療法のせいで亡くなった!とされる話も多いです。
すべては医学界・医療業界に都合のいいように情報操作されています。
莫大な利益をもたらすガンビジネスは殺人詐欺ビジネスなのですが、マスコミによって守られています。

そういえば有名人でも1人だけ代替療法で末期ガンを治した人を思い出しました。
ドクター中松です。
自ら考案した“がんがんロボット”という機械で、テラヘルツ波を発生させて末期ガンを完治させました。
しかしマスコミは色物扱いで、真面目に報道しませんでした。
だから他の有名人が代替療法でガンを治しても、本物のガンではなかった!などと難癖をつけて、まともに報道しない可能性が高いです。
とにかく日本では、不都合な真実は隠蔽されてしまいます。
鈴森
2019/02/17 06:42
普通の白血病が ビタミンCで治る情報は 朗報です。
ですが、被爆による症状で あれば ことは そう簡単な
ことで 解決できるのか 疑問です。

カルシウムと間違えてストロンチウム90が 骨に蓄積されてる場合は どうなんでしょう。

この場合 再びカルシウムと置き換えることが できなければずっと 内部被爆が続きます。

今の癌は 農薬、遺伝子組み換え作物、添加物、放射性物質による被爆など環境による汚染がむごいせいで起きてると思うので、 難しい気がします。
はる
2019/02/17 15:50
ドクター中松がいましたね。
ふと気になって陶板浴行ってきました。かなり効果を感じました。
それで、いろいろ調べてみると水にテラヘルツ鉱石を入れると飲み水にテラヘルツ波が吸収され、効果があるとか、風呂に入れると良いとか、観ましたが、
その一方何もしないで放置しただけではテラヘルツ波は出ないと否定している意見も見ます。
原石を触ったり、水野ポットに入れるだけでは意味が無いでしょうか?
陶板浴のマシーンは何をしているのか?ドクター中松はガンガンロボットに巨額を投じて開発したようですけど、鉱石に何をしているのか特に情報は無さそうで、なにか細工しないとあまり効果が無いのかどうか気になります。
熱を加えると良いのでしょうか?なにかわかりますか?
梅安
2019/02/17 20:24
はるさん、おはようございます。
防衛医大の木下准教授らの研究チームは、放射線で被ばくしたマウスにビタミンCを大量に投与すると、急性放射線障害が大幅に軽減した結果を発表しています。
だから普通の白血病も被ばくによる白血病も、どちらもビタミンCは効果的みたいですね。
昔から白血病にはビタミンCが効果的だと一部には知られていたようですが、医学界には不都合なので全体には広まらないようです。
藤川医師が書かれているように白血病=壊血病だと思います。
ビタミンC欠乏の壊血病患者を、白血病だということにして抗がん剤で殺しているのが現代医学の実態だと思っています。
鈴森
2019/02/18 06:58
梅安さん、おはようございます。
ドクター中松はがんがんロボットで自ら末期ガンを治しましたが、それに興味を示す医者はいませんね。
テラヘルツ波でガンが簡単に治っても、医学界はまったく得しませんから。
ガン以外の病気も治してしまいますし・・・。
がんがんロボットや陶板浴のテラヘルツ波がどんなに大勢の患者を救っても、医学界もマスコミも無視を決め込んでいます。

バイオラバーからもテラヘルツ波が出て、ガンに効果的だと言われています。
希少金属や鉱石や炭素などを組み合わせると、特に熱を加えなくてもテラヘルツ波が出るようです。
陶板浴はもちろん熱を加えていますから、よりテラヘルツ波が出て効果的なのかも。
テラヘルツ波は液体に吸収されやすい性質を持つので、血液や体液に吸収されて人体に吸収されやすいのだと思います。
だからテラヘルツ波を出している物体を身に着けるだけで、様々な効果が出るのでしょう。
がんがんロボットがどんな原理でテラヘルツ波を出しているかはわかりませんが、陶板浴やバイオラバーのようにテラヘルツ波を出す物質を上手に組み合わせているのかもしれません。
鈴森
2019/02/18 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
池江選手の白血病は癌ではなく壊血病!ビタミンCで治る ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる