がんの正体がわかった!がんは予知・予防できる

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881442470
『がんの正体がわかった!
2万人以上のがん患者に接し、統合医療を実行した医師の答!

第1章「がん」の正体は、食の悪化が招いた生活習慣病(がんは難しい病気ではない:西洋医学の間違い理論!)

「がんに関する常識」を疑わないと真実が見えて来ない
「がんは原因不明の病気ではなく、事前に防げる」のです。
がんは、「食生活が原因で起こる生活習慣病」なのです。
カギを握っているのは、細胞内のミトコンドリア。
そこから全てが始まっています。

【第2章】がんと遺伝子は関係ないという根拠
◆がん細胞が正常細胞に戻るプロセスでミトコンドリア復活
◆ドイツの生化学者、オットー・ワールブルグの説
◆米国の研究者も同じことを言い始めている
◆ミトコンドリアの呼吸障害が、がんの起源』

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51976753.html
『1931年にノーベル賞を受賞した医師は既に癌の原因を特定していました。

癌は医療ビジネスを繁盛させてくれます。
癌の治療法が開発されても、一般的に、癌の予防方法は教えてもらえません。
その結果、癌患者数が減ることはありません。
そして医薬品会社や病院がもうかることになります。

身体的な面でいえば、身体が酸性に傾きすぎているのが主な原因だと言われています。
つまり癌細胞や他の病原体を無力化するには、身体を弱アルカリ性に保つことが重要です。

1931年にノーベル生理学医学賞を受賞したDr.オットー・ハインリッヒ・ワールブルクは、低酸素濃度下の細胞内で腫瘍(癌細胞)が発達することを最初に実証しました。
酸素が不足すると、体内が酸性に傾きます。
Dr.ワールブックは癌細胞は嫌気的(酸素を取り込まない)であり、高酸素濃度下(アルカリ性に傾いた状態)では生き残ることができないことも発見しました。

pHのバランスが崩れると、細胞の活動と機能が妨げられます。
身体が酸性に偏りすぎると、癌、循環器疾患、糖尿病、骨粗しょう症、胸やけなどの重大な健康問題を引き起こすことになります。
長い間、身体を酸性に傾いた状態にしておくと老化を加速させます。
pHミラクルの著者、ロバート・O・ヤング氏によれば、病気の原因の殆どが身体が酸性に傾いていることにあります。』

ガンの正体に気付く医師が出てきています。
ガンの正体は、もう何十年も前にオットー・ウォーバーグが解き明かしていました。
ガンの正体はミトコンドリアの故障です。
ミトコンドリアが故障する(ATPを作れなくなる)原因は、いくつもあります。
ビタミンB1やビタミンCが不足するだけでも、ミトコンドリアはATPを作れなくなります。
鉄やマグネシウムが不足しても同じです。
酸素が不足しても故障します。
水銀やアルミやフッ素などの有害物質が蓄積しても、ミトコンドリアのクエン酸回路が動かなくなってATPが作れなくなります。
ガンの原因(ミトコンドリアの故障の原因)は、酸素や微量栄養素の欠乏と、水銀やフッ素などの有害物質の蓄積です。
必要な物質が足りていないか、有害な物質の蓄積でガンになります。
現代人は、その両方の原因でガンになっている人も多いでしょう。
ガンを治すには、不足した物質を補い、有害な物質をデトックスする必要があります。

ミトコンドリアがATPを十分に作っていれば健康です。
ミトコンドリアがATPを作れなくなると、pH5~6の乳酸が慢性的に蓄積していきます。
ATPを作る細胞が正常細胞で、乳酸を作る細胞がガン細胞です。
pH7.45の血液が正常な血液ですが、そこに大量の乳酸が流れ込むと、pH7.3未満のアシドーシスになります。
俗にいう乳酸アシドーシスです。
あらゆる病気の根本原因は、身体が酸性に傾くことです。
つまり乳酸アシドーシスこそが、ガンを含む生活習慣病の根本原因なのです。
そして慢性炎症も、ガンを含む生活習慣病の原因でもあります。
慢性炎症の原因も、慢性的な乳酸の蓄積です。
乳酸から分泌されるIL1・6・23・17などの炎症性サイトカインが、慢性炎症を引き起こします。
乳酸によるアシドーシスと慢性炎症が、ガンを含む生活習慣病の元凶です。

ガンビジネスは人類史上最も儲かる商売です。
ガンを治さないようにしておけば、人々はガン治療に何十万・何百万・何千万円もの金を使ってくれます。
正規のガン治療が、大勢の人間を殺していることも知らずに・・・。
マスタードガスや放射能で多くの患者を殺し続け、ガンを不治の病、恐怖の難病死病にしているのは、製薬会社と医者です。
もう何十年も前から、ガンビジネスという殺人詐欺ビジネスが続いています。
99%以上の医者は、この儲かる殺人詐欺ビジネスに満足しています。
他人の痛みなど全くわからない連中ですから、患者が苦しんで死に続けても疑問を持ちません。
しかし中にはマトモな神経を持ち合わせる医師も出てきています。
患者を殺し続ける三大療法だけに固執する現代医学はおかしい!
そこで自分の頭で考えたり調べたりした医者は、ガンの原因がミトコンドリアの故障であることに気付くのです。
ミトコンドリアが故障すると身体が酸性に傾いてガンになる!
これに気付いた医者は、もう殺人詐欺ビジネスに手を染めることは無くなるでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック