ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因は乳酸蓄積の慢性炎症

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0502590 『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因「慢性炎症」を抑えなさい 最近の研究で、体内で慢性化した弱い炎症が、血管や臓器の細胞を傷つけ、ガンやさまざまな生活習慣病の引き金になることが明らかになってきた。 この体内の「慢性炎症」は、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進行がん患者を救う「奇跡の治療薬」への挑戦!ガンの特効薬は発見済みだ

http://www.dreamnews.jp/press/0000169390/ 『50年以上に及ぶ開発者たちの苦闘と研究の成果が今明かされる! “進行がん患者を救う「奇跡の治療薬」への挑戦”3月2日発売! いわゆる三大療法のほか、自由診療を含めると様々な治療法、治療薬が存在しますが、確実にがんを打倒するまでには至っておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンの原因は“乳酸が過剰に蓄積すること”

http://ariya-step.com/1129.html 『試してみたらこうなった 癌細胞と癌家系について分かりやすく説明してみた 癌の原因は「乳酸が過剰に蓄積すること」です。 「癌細胞」には、「正常な細胞」にはない特徴がみられます。 それが以下です。 ・正常な細胞と比べて、何倍ものブドウ糖が必要 ・ミトコン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オキシクール32で酸素とマイナスイオン摂取!

http://www.ymup.co.jp/product.html 『ワイムアップ株式会社 小型酸素濃縮器オキシクール32 磐田市ふるさと納税返礼品選定 ■酸素とマイナスイオンを取り入れて、からだもこころもリフレッシュ ■高濃度酸素でからだの中からリフレッシュ! 酸素富化膜を利用して30%の高濃度酸素を作ります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

哺乳類でも酸素の代わりに“硫黄呼吸”でエネルギー産生

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1711/22/news038.html 『哺乳類の呼吸は酸素だけでなく硫黄も取り込む、エネルギー産生に重要な役割 東北大学は、酸素の代わりに硫黄代謝物を利用した「硫黄呼吸」が哺乳類のエネルギー産生に関与していることを発見した。 今後、硫黄呼吸を制…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イチローも酸素と電子でケガを早く治す(初動負荷理論)

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201803170000813.html 『イチロー治した!開幕絶望視の痛みも特殊器具で回復 右ふくらはぎ痛で離脱したマリナーズのイチロー外野手(44)が、2日ぶりに練習を再開した。 通常であれば開幕が絶望視されるほどの状態だったが、特殊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガン産業は人類史上最凶最悪の殺人詐欺ビジネス

https://sagittariuseearthworker.blogspot.jp/2017/01/5.html 『がん治療がガン産業としてお金を生む仕組みを作っている 「従来の医学が積極的に主張していることが神話であるというガンの5つの事実」 これまでの定説では癌発症の原因はDNA損傷であると言われてきたが、研究や多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイクルイオンや究極ザッパーに使われるネオジム磁石でマグネットヒーリング

http://d.hatena.ne.jp/bodywise/20071019 『「マグネットヒーリング」という本を読んで。 一見するとマグネットを使って体を癒すための本という内容と思いきや、そればかりではなかった。 ネオジム磁石を使っての体を癒す方法など、磁化水のお勧めのようなものも語られている。 だが冒頭から現代社会におきる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

突然の心臓死は宇宙線量が多く地磁気活動が弱い時に増加

https://indeep.jp/solar-activity-and-sudden-cardiac-death-relationship/ 『「太陽活動が低い時期には急性心停止が著しく増加する」 まったく世に出てこないこの過去数十年間の医学的研究の結論を今書かせていただきます 「ヒトの生命を脅かす不整脈および突然心臓死と、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

羽生結弦選手はファイテンの酸素カプセル・チタン浴でケガを治した?

http://sports-crowd.net/detail.php?no=2577 『チタン浴カプセルを体験!身体に出てくる効果とは!? みなさんはアクアチタン浴カプセルをご存じでしょうか。 メジャーリーガーのダルビッシュ有選手も自宅に置いてあるといわれ、フィギュアスケートの羽生選手も愛用しているこのマシーン。 酸素カプセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベック・プロトコルは電子とオゾン(酸素原子3個)でガンを治す

http://mahounohako2.blog.fc2.com/blog-entry-1.html 『ガン、エイズ、あらゆる病気を100%治す治療法??? 日本ではほとんど知られてませんが、海外では有名なボブ・ベックのベック・プロトコル。 ベックさん曰く、「エイズ、ガン、ヘルペス、肝炎・・・考え得る、ありとあらゆる病気を10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オゾン(酸素原子3個)療法は癌・慢性病に効果的

http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn201704.html 『オゾン療法は、何故、癌などの慢性疾患に効果的なのか? ・諸悪の根源、酸素利用率の低下について 慢性疾患若しくは加齢の根幹にある原因、つまり端的に言ってしまえば「酸素利用率の低下」です。 酸素について一番大事なことは、単…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安定化酸素(通常の水の千倍の酸素含有量)は病気を治す?

https://sites.mms2.shop/%E5%AE%89%E5%AE%9A%E9%85%B8%E7%B4%A0 『MMSオンラインショッピング 安定酸素 Stabilized Oxygen ジム・ハンブル氏がMMSを開発するきっかけになったのが、安定酸素と呼ばれるものです。 ジャングルの中でマラリヤにかかった隊員に安定…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

崎谷博征著「ガンは安心させてあげなさい」は是非読みたい!

http://komyakusha.jp/book/?BID=ab683f7a20353ea8220b8d2cb947b7fb 『ガンは安心させてあげなさい 鉱脈社BOOK 健康常識パラダイムシフトシリーズ4 ガンの大本は生命場の乱れにあり ガンは安心させてあげなさい 「ガン安心療法」の最前線 ガンは「安心」させてあげる…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

インフルエンザ対策に安定化二酸化塩素(電子水)

https://ikuseikai.org/hotnews/matsuda/2012/12/10-152915.html 『二酸化塩素分子がインフルエンザウイルスの感染を抑制するメカニズム解明 大幸薬品 大幸薬品は、12月5日、クレベリンの成分である「二酸化塩素分子」がインフルエンザウイルスの感染を抑制するメカニズムを解明したことを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスタル研究所のサイクルイオンはMMS(二酸化塩素)製造装置

http://crystal-labo.p-kit.com/ 『クリスタル研究所の小冊子より引用 株式会社クリスタル研究所 技術部 ・サイクルイオンによる次亜塩素酸ナトリウム(カルキ)の変化について 先ず、塩素が単に悪いもの、発がん物質と呼ばれる事がありますが、実はそうではありません。 毎日食べている食塩や、お醤油等塩分を含ん…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

磁気処理した電子水は重曹・海水並みのpH8以上の命水

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%87%A6%E7%90%86%E6%B0%B4 『磁気処理水 ■磁気活性水に防錆効果があることが報告されている。 ■磁気処理水を用いたコンクリートは、強度、耐水性、耐寒性、耐薬品性が向上するとされている。 ■スケール(炭酸カル…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

糖尿病性ケトアシドーシスの原因はケトン体でなく乳酸

http://seiichizb4.blog.fc2.com/blog-entry-110.html?all 『糖尿病性ケトアシドーシスの原因はケトン体でなく乳酸である。 糖尿病患者さんが、体調不良になりケトン体高値、アシドーシスの状態にあるとき、糖尿病性ケトアシドーシスと診断される。 アシドーシスの原因はケトン体とされ、ケトン体…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more